新生児のミルクが3時間もたない!!3時間以上あける理由やもたない原因と対処法。混合の場合の間隔や1日の総量まで

新生児 ミルク 3時間もたない 子供

【ミルクは3時間以上あける】聞いたことありますよね?!

実際は3時間もたないことがほとんどで泣き出してしまいます。

それでは本当に3時間あけなくてはいけないのでしょうか?

最近のミルクは進化しているので3時間あけるに拘らなくても大丈夫みたいなんです。

3時間あける理由と泣いてしまった時の対処方法を調べてみました。

 

新生児のミルクを3時間以上あける理由

それではどうして3時間あけなくてはいけないのか調べて見ました。

ミルクは消化に時間がかかるから!!

 

新生児はまだ胃腸の発達が未熟なために胃腸に負担をかけてしまいます。ミルクが消化される時間が3時間とされているために3時間という時間が目安となったわけですね。

ミルクを製造しているメーカーも齢や飲む量によって違いがあるけど3時間を目安にするようにアドバイスしているケースもあります。

 

それに対して母乳は消化が良く、赤ちゃんのお腹がすくのも早くなります。ですので、母乳の場合は3時間という目安はありません。

母乳の場合は『欲しがるだけあげて下さい。』が一般的な考えのようです。

 

そうなのです、【新生児のミルクを3時間あける】は本当に【ミルク】の場合だけになるのですね!!

 

新生児 ミルク

 

ミルクと母乳混合の場合の間隔は?

それではミルクと母乳の混合の場合はどうなるのでしょうか?

ミルクを飲ませたときは3時間あけるという考え!!

 

混合の仕方もいろいろありますよね!!

一回分は全て母乳やミルクの時と一回で母乳とミルクを混合であげるときなど・・・。

基本的には一回分全て母乳の時は次の時間はいつでも良い。

全てミルクの場合は3時間あける。

一回で母乳とミルクの混合の場合はミルクの時と同じ考えで3時間あける方が良いようです。

 

しかし・・・母乳の量が多いとお腹のすく時間も早くなるでしょう!!ですので、母乳の量があまりにも少ない場合以外は母乳だけにしておいて次回にミルクにした方が良いかもしれませんね!!

 

母乳

新生児のミルクは3時間おきはいつまで?

新生児のミルクが3時間おきなのは3ヵ月目までを目安にして下さい。

 

4ヵ月目くらいからは一回の量も増えますので間隔も徐々に長くなっていきます。

また、5~6ヵ月目くらいからは離乳食もはじまっていきますのでますますミルクの飲む回数も減ってきます。

 

3ヵ月だけ我慢すればいいのです。頑張って下さいね!!

 

おもちゃ

新生児のミルクが3時間もたない原因や対処法!

原因について探ってみましょう。

 

1.ミルクの量が少なかった

単純に前に飲んだ時のミルクの量が少なかった可能性があります。いつもと同じ量をあげていても少ないときはあります。また、成長とともに飲む量が増える場合もありますね。

あまりにも、直ぐに泣く事が続く場合は量を少し増やしてあげると良いかもしれませんね!!

 

2.抱っこしてほしいオムツが汚れている

実はミルク以外で泣いている場合も考えられます。

赤ちゃんはお母さんの心音を聞いで安心すると言います。実は抱っこしてほしいだけかも知れません。ミルクをあげても直ぐに泣くようでしたらしばらく抱っこしてあげてみて下さい。

また、オムツが汚れている場合もあります。オムツの交換もしてあげてみて下さいね。

オムツ

 

3.お散歩などをしてみよう

赤ちゃんも遊んで欲しいのかもしれませんね!!

1カ月目を過ぎたくらいからだったらベビーカーに乗せてお散歩をするのもいいですよ。しかし、紫外線や熱中症も気になりますので長い時間ではなく短い時間にしましょう。

また、新生児用のおもちゃで遊んであげるのも良いかもしれませんね。起きている時間はまだまだ短いですが赤ちゃんだってママと遊びたいものなんです!!

 

生児のミルクは2時間おきでも大丈夫!!1日の総量や体重の増加で判断しよう。

最近のミルクは進化して以前より消化も良くなりました。

 

実は最近のミルクは進化して以前よりは消化が良くなっているのです。

なので、3時間あけるにはそこまで拘らなくても大丈夫なのです。

ですので、新生児でも2時間おきとかでミルクをあげても大丈夫なんです。

 

体重の増加 体重計

ミルクの量は体重の増加で判断してあげて下さい。

一度に飲む量や間隔は赤ちゃんによって様々です。ですので、間隔や量は赤ちゃんの体重の増加で判断するようにします。

1回の量をメモするようにして1日に飲んだ総量を記録するようにして下さい。総量と体重の増加で判断するのです。

1日に25~30gの体重の増加を目安とします。

25~30ℊ増加するようにミルクの1日の総量を調整してあげれば大丈夫なんです。

回数や間隔ではなく大切なのは1日の総量と体重の増加です。

 

あまり神経質にならずに赤ちゃんと楽しみながら子育てしましょうね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました