入らない方がいい芸能(子役)事務所とは?芸能人や子役になるには事務所に入らない訳にはいきません。費用が安い・無料、逆に高い芸能(子役)事務所?メリットデメリット

子役事務所 子供

芸能人になって有名になりたい。

子供を子役にして有名にしたい。

と思う人や親はたくさんいるのではないでしょうか?

しかし、有名になるにはどこの事務所に入るかがカギとなってきます。

評判のいい事務所、有名な事務所、費用が安い・無料、逆に高い事務所など・・・。

事務所一つで将来が変わってしまいます。

慎重に選びたいものですよね。

 そこで、今回は入らない方がいい芸能(子役)事務所についてお話しいたします。

 

 

入らない方がいい芸能(子役)事務所とはどんな事務所?

芸能人や子役になるには事務所に入らない訳にはいきません。

けれど、こんな事務所には入らない方がいいですよ。

  1. 紹介してもらえる案件がエキストラばかり
  2. 高額な所属費・レッスン費が掛かる(費用は無料や安い方が期待度が高い)
  3. 事務所の規模が小さい、有名な人が所属していない

 

紹介してもらえる案件がエキストラばかり

芸能人や子役として世に出ていくにはエキストラも立派な仕事の一つです。初めのうちは有名芸能人の演技や歌を勉強するいい機会になるでしょう。

しかし、エキストラとはほとんどセリフがありません。演技もしなくて良いことがほとんどです。そして何より画面に映るかどうかすら分からないのです。

現場に1日中いたけれども1秒も映っていなかったなんて良くある話ですね。

こんなエキストラばかりをやっていたらいつになっても自分にスポットライトが当たることが無いのです。

ですから、エキストラの仕事ばかり紹介してくる事務所にいたのでは有名になることなんてありません。

自分の演技をどんどん見てもらわないと有名になんてなれないのです!!

もっと、積極的に案件を紹介してくれてきちんとサポートしてもらえる事務所を探しましょう。

 

 

高額な所属費・レッスン費が掛かる(費用は無料や安い方が期待度が高い)

芸能(子役)事務所と言ってもいろいろなタイプがあります。

全くお金の掛からない事務所や特待生制度があり特待生はレッスン費用が無料なんてところもあります。事務所によってはレッスンを行って居ないところもあります。

なので、事務所に所属する費用は一人ひとり違った金額となってきます。

 

とはいえ、おおよその目安はあります。

初期費用としては5~20万円ほどかかる場合が多いです。

これらのお金はプロフィールの作成やレッスン費用だったりします。そして、その後は毎月レッスン費用が掛かるという仕組みです。

ちょっと前はプロフィール作成にはそれなりにお金がかかりました。・・・が、最近は技術が進歩しそれ程お金は掛からなくなってきています。

ましてや、こういった諸経費は事務所側で負担してあげるのが筋です・・・。

 

大抵、こういった事務所は所属タレントが何千人もいるケールが多いです。そうです、人数が増えれば所属費をたくさん徴収できますものね。そして、そのお金は事務所の運営費に使用されているのでしょうね!!

 

しっかりとした事務所でその人に期待をしているのであればこういった費用は掛からなくなってきます。これらの事より所属費やレッスン費用を払わなくてはいけない事務所は元々お金狙いの事務所。もしくはその人に才能が無く事務所が期待していない可能性があります。

 

※お金がかかるからと言って必ずしも悪徳な芸能(子役)事務所であるいう事ではありませんのでご注意ください。

 

芸能(子役 )事務所の規模が小さい、有名な人が所属していない

やはり芸能の世界では規模の大きい有名な事務所に所属していた方が有利です。

主役級のお仕事はオーディションは無く制作側が気に入った俳優さんにオファーをする場合がほとんどです。せっかく、お金をかけて作品を作るのだからヒットさせたいのは当たり前ですよね。

演技が上手か下手かも分からない新人さんを起用するよりは人気や実績の証明されている有名子役さんに出演してもらいたのは当たり前の話ですよね。

そこで、制作会社さんは有名なタレントさんのいる事務所にオファーするのです。なので、有名なタレントさんのいる規模の大きな老舗の芸能(子役)事務所が重宝されるという訳です。

『あそこの事務所に頼めば間違いなし!!』と制作会社さんに思ってもらっている事務所さんは強いという事になります。

 

主役のタレントさんのいる事務所からその他の人を起用する場合も良くあります。いわゆる『バーター』というものです。

この有名タレントを紹介するのでこちらの無名のタレントも採用してくださいというものですね。

 

こういったバーターのお仕事も無名のタレントが顔を知ってもらうためにはとても重要なお仕事です。なので、有名なタレントがたくさん所属する事務所でないとなかなか有名なタレントになることは難しいでしょう。

 

芸能(子役)事務所を選ぶ際には規模が小さく有名なタレントさんの居ない事務所は避けるようにしましょう。 

 

 

そもそも芸能(子役)事務所とは?芸能人や子役になるには事務所に入らない訳にもいきません!!

芸能(子役)事務所とはプロフィール作成や案件の紹介、マネジメントを行ってくれるところです。

多くのタレントは事務所に所属しています。

芸能人や子役になるには事務所に所属してプロフィールを作成してもらい、所属タレントとして制作会社、テレビ局、雑誌の編集部などに紹介して頂くのです。

実際に有名タレントとなり仕事がたくさん入ってきた際にはスケジュールの管理やギャランティーの交渉などものマネジメントを行ってもらえます。

一言でタレントといってもいろいろな業種があります。俳優、タレント(お笑い)、モデルなど各分野で得意とする事務所がありますので内容も理解したうえで事務所を選ぶようにしましょう。

 

また、何らかのトラブルがあった際にも事務所がフォローしてくれます。

芸能(子役)事務所に所属しなくても活動は出来ますが、事務所に直接依頼が来る案件の方が多いので事務所に所属していた方が確実に有名なタレントさんになれる可能性が上がります。

 

芸能(子役)事務に入るメリット・デメリット

芸能(子役)事務所に入るメリット

  • 公開されていない案件を紹介してもらえる。
  • バーターのお仕事がもらえる。
  • プロフィールを作成してもらえる。
  • 所属タレントとして売込んでもらえる。
  • 仕事のスケジュールをしてもらえる。

 

芸能(子役)事務所に入るデメリット

  • マネジメント契約を行うと期間中は他の事務所に移ることが出来ない。
  • ギャランティーの40~80%は事務所の取り分となる。
  • 行動を制限されることがある。
  • 事務所に気に入ってもらわないとバーターの仕事や案件をもらうことが出来ない。

 

芸能(子役)事務所では初めにマネジメント契約を行います。その契約は事務所によってことないりますが2年契約が多いようでその2年間は事務所にマネジメントの権利があります。ですので、他の事務所に移籍する際などは注意が必要です。

 

芸能(子役)事務所によって案件を紹介してもらえるのは確かですがマネジメント料を取られるのも確かです。その事務所はいくらのギャランティなのかきちんと把握してから所属するようにしましょう。知らずに入ってからでは遅いですよ。

 

芸能(子役)事務所によっては行動を制限されてしまうことがあります。YouTubeやSNS禁止などと言っている事務所もあるようです。最近ではタレント活動のほかにインスタグラムやTwitter、TikTokyaYouTubeなどを自分で投稿して有名になるケースが多々あります。ましてやコロナ禍でそういったケースがますます増えているのも現状です。こんな時代に行動を制限されてしまうのはちょっと勿体ないです。チャンスをつぶしてしまっています。注意しましょう。

 

芸能(子役)事務所に入るメリットはやはり案件をたくさん紹介してもらえる事やバーターの仕事をもらえることです。そして、この仕事をもらうためには事務所に気に入って貰わなくてはいけません。気に入ってもれうような行動を行わなくてはいけないのは結構負担となります。自由に生きたい人には難しいかもしれませんね!!

 

 

入った方がいい芸能(子役)事務所とは?

結局、芸能人や子役になるのに入った方がいい芸能(子役)事務所とはどんな事務所なのでしょう?

有名なタレントさんがたくさんいる大手の芸能(子役)事務所で、行動に制限が無い事務所がおすすめです。

所属して頑張っているのに事務所に気に入ってもらえずに案件やバーターの仕事を紹介してもらえない時はもう一度別の事務所を探した方が良いでしょう。

また、所属費やレッスン料が高額でない事務所を探しましょう。

所属しても直ぐにはテレビに出れるわけでもありません。現在活躍している有名なタレントさんですら3年はお仕事が全くなかったそうです。ですので、高額な所属費やレッスン料などが払えなくなってしまって事務所を辞めるようになってしまうなんてことにもなりかねません!!

 

まとめ

入らない方がいい芸能(子役)事務所

  1. 紹介してもらえる案件がエキストラばかり
  2. 高額な所属費・レッスン費が掛かる(費用は無料や安い方が期待度が高い)
  3. 芸能(子役)事務所の規模が小さい、有名な人が所属していない  

 

有名なタレントさんが所属している大手の芸能(子役)事務所に所属しる。そして、事務所に気に入ってもらい、たくさんの案件やバーターの仕事をもらえるようにすることが有名タレントへの第一歩

ご自身やお子さんに合った芸能(子役)事務所を探してあげましょう!!

初めの芸能(子役)事務所で失敗したと思ったら速やかに他の芸能(子役)事務所を探すようにしましょう。

迷っている時間はとっても勿体ないです。

大人ならまだしも、子供の1年はとても短いです。

もたもたしているうちにあっという間に大人になってしまいますよ。

大切な時間を有意義に使用して下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました