【アフィリエイト広告を利用しています。】

【開花情報】ヤマサ蒲鉾の芝桜(2024)の見頃について!アクセスや駐車場も

スポンサーリンク

兵庫県姫路市夢前町にあるヤマサ蒲鉾の本社工場裏には美しい「芝桜の小道」があり、

見頃の時期である4月中旬から5月上旬に無料開放されます。

 

それは素晴らしい光景ですね!6500㎡の広大な斜面に21万株もの芝桜が咲き乱れる様子は、まるで鮮やかな絨毯が広がっているようです。

この美しい芝桜の景色は、多くの人々を引き寄せ、毎年多く方が訪れます。

この素晴らしい景色を堪能するために、開花情報や見頃、アクセスや駐車場についても詳しく解説いたします。

 

スポンサーリンク

ヤマサ蒲鉾の芝桜の開花情報や見頃について!

それではヤマサ蒲鉾の芝桜の開花情報や見頃についてチェックしましょう!

ヤマサ蒲鉾の芝桜の開花情報や見頃は?

芝桜の見頃は例年、4月中旬から5月上旬となります。

 

これまでの開花状況を振り返ってみると、

2022年は4月13日から4月28日

2021年は4月18日から5月2日

2020年は4月19日から4月29日

2019年は4月20日から5月3日

にかけて見頃とされています。

 

したがって、統計的に考えると、

2024年の見頃期間は4月20日から4月28日になる可能性が高いです。

 

 

ヤマサ蒲鉾の「芝桜の小道」の詳細やライトアップ、ランチ情報

ヤマサ蒲鉾の「芝桜の小道」の詳細やライトアップ、ランチ情報をまとめてご紹介します。

 

ヤマサ蒲鉾の「芝桜の小道」について

芝桜の見頃情報をお伝えしましたが、

ヤマサ蒲鉾の芝桜の小道の詳細については以下の通りです。

 

開園時期:4月中旬から5月上旬(2023年は4月8日~5月7日)

開園時間:9:00~17:00(日中のみ)

場所:兵庫県姫路市夢前町置本327-16

トイレ:建物内にあり(3か所)、芝桜の小道にはトイレがないため事前に利用しておくことをおすすめします。

料金:無料

駐車場:あり(無料)

 

ライトアップについて

毎年、芝桜の小道は無料開放される期間に夜になるとライトアップが行われます。

昼とは異なる美しい芝桜の風景に感動しますよ。

 

イベントの有無や時間については公式ページをご参照ください。

 

参考URL:ヤマサ蒲鉾ホームページ

 

ヤマサ蒲鉾周辺のランチについて

芝桜鑑賞の前後には、周辺に美味しいランチが楽しめるお店が点在しています。

その中から一軒、夢乃そばをご紹介します。

 

<夢乃そば>

 

お店の特徴

芝桜小道から車で1分の距離に位置し、

ヤマサ蒲鉾直営の国産そばを使用した二八蕎麦が楽しめます。

お店が広いので500人の団体さんにも対応できますよ。

 

<住所>〒671-2122 兵庫県姫路市夢前町置本583

<営業時間>9:00~10:30(モーニング)、11:00~16:00(食事)

<定休日>なし(ただし、年始のみ休業)

<問い合わせ先>079-335-1188

 

 

ヤマサ蒲鉾の駐車場やアクセス情報

ヤマサ蒲鉾の駐車場やアクセス情報をご紹介します。

 

駐車場について

芝桜の小道を訪れる際に便利な駐車場情報をお伝えします。

ヤマサ蒲鉾の駐車場の詳細は以下の通りです。

 

<ヤマサ蒲鉾の駐車場>

住所:〒671-2122 兵庫県姫路市夢前町置本327−16

料金:無料

収容台数:約60台

営業時間:芝桜の小道の開園時間に準じる

距離:芝桜の小道まですぐ

 

アクセス

 

ヤマサ蒲鉾芝桜の小道へのアクセス方法をご案内します。

車を利用する場合は以下の経路が便利です。

 

<車でのアクセス>

 

大阪方面から

(阪神高速11号池田線) → 池田出口 → 国道176号/府道10号 → (中国縦貫自動車道/中国自動車道) → 夢前スマートIC → 県道67号 → 現地

【所要時間】1時間20分

 

 

<岡山方面から>

(山陽自動車道) → 山陽姫路西IC → 国道29号 → 県道545号 → 県道67号 → 現地

 

【所要時間】1時間30分

 

<電車でのアクセス>

 

電車を利用する場合は、

JR神戸線・山陽電鉄の「姫路駅」で下車し、

「前之庄行」・「山之内行」のバスに乗り換え、

「清水橋」で下車して徒歩15分です。

 

アクセス方法を確認して、快適な芝桜の小道巡りをお楽しみください。

 

ヤマサ蒲鉾・芝桜の小道の見どころや魅力

ヤマサ蒲鉾・芝桜の小道の見どころや魅力をご紹介します。

ヤマサ蒲鉾の芝桜

桜の美しい季節が過ぎ去り、芝桜の季節がやってきます。

日本中に点在する芝桜の名所の中でも、

兵庫県姫路市にあるヤマサ蒲鉾・本社工場の裏手に広がる「芝桜の小道」は、

一風変わった魅力を放つ場所です。

 

この小道は、ヤマサ蒲鉾が本社工場の裏山、

広大な6500㎡の敷地に約21万株の芝桜を植え、

2006年から毎年無料で開放している特別なスポットです。

 

山裾に広がる赤・ピンク・薄紫・白の芝桜が美しく咲き誇り、

まさに見る者を圧倒する芝桜畑が広がっています。

 

ヤマサ蒲鉾の直売店「夢鮮館(ゆめせんかん)」の裏手にある遊歩道を進むと、

目の前に広がる芝桜のグラデーションに魅了されることでしょう。

 

特に、「ちくわ工房横」の入り口から階段を上がると、

ヤマサ蒲鉾のキャラクターさっちゃんの大きなオブジェと、

迫力ある鯛のオブジェが出迎えてくれます。

 

このエリアでは、芝桜とオブジェとのユニークなコラボレーションが楽しめ、

写真好きならぜひシャッターチャンスを逃さないでください。

 

その先の整備された遊歩道では、

紫陽花ゾーンと紅葉ゾーンも楽しめます。

 

芝桜シーズン以外の季節でも美しい風景が広がっており、

訪れるたびに異なる表情を楽しむことができます。

 

更に進むと、もう一つの敷地である芝桜広場が広がり、

こちらも迫力満点の芝桜の風景が楽しめます。

 

奥の芝桜広場では、傾斜があり山に近いため、

ちょっとした野性味ある雰囲気も感じられるでしょう。

 

まとめ

  • 見頃の予想は例年通りで、4月中旬~5月上旬ごろがピーク。
  • 過去の傾向から判断すると、特に美しい状態が続くのは4月20日~4月28日あたり。
  • 芝桜の小道では、夜のライトアップも行われ、幻想的な雰囲気が楽しめます。

 

この芝桜の季節は、心地よい暖かさと爽やかな風が心地よく感じられる

絶好のお出かけシーズンです。

 

ぜひ素敵な芝桜の風景を堪能してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました