歯を白くする方法!中学生はお金をかけずに自力で家で簡単に!重曹や市販の歯磨き粉の即効性は?100均(ダイソー)のホワイトニング・歯の消しゴムも!

スポンサーリンク

 

中学生が歯を白くする方法はお金を掛けずに自力で家で簡単に行える市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉で磨くことが一番です。

しかし、即効性期待できません。

 

即効性というのであればマニキュアです。

しかし、マニキュアは塗り方が下手だとムラになってしまいます。

また、剝がれやすいので持続性に欠けてしまいます。

 

今は歯の色を意識するのが一般的な時代となってきています。

黄ばんだ歯より白い歯の方がずっと肌の色もキレイに見えて若々しい印象を与えるのも事実ですよね。

笑顔だって引き立ちます。

 

やはり、毎日きちんとホワイトニング効果のある歯磨き粉で歯を磨き頑張って歯を白く保ちましょう!!

 

スポンサーリンク

歯を白くする方法は?歯医者でする?家で簡単にする?

歯を白くする方法と言ってもいろんな方法があります。

歯医者さんで行う物から家で簡単に行えるものと幅広いのが特徴です。

歯医者さんで行う

  • クリーニング
  • ホワイトニング

家で簡単に行う

  • ホームホワイトニング
  • 市販の歯磨き粉
  • マニキュア

 

クリーニング

歯医者さんに定期検診へ行くとクリーニングを行ってもらえます。

しかし、このクリーニングは歯周病などの予防を目的としていますので歯を白くするクリーニングとは異なります。

ここで言う、着色除去目的のクリーニングは歯の表面の汚れを除去するものです。表面の汚れを除去しますので歯がきれいになりますが、残念なことに歯が黄ばんでしまっている場合は表面の汚れを除去するだけではなかなか白くならないこともあります。

歯周病などの予防目的のクリーニングは保険対応となりますが、着色除去目的のクリーニングは治療ではありませんので保険は適応になりません。

 

ホワイトニング

ホワイトニングとは歯の黄ばみの元である有機物系の着物を漂泊することによって白くする物です。

歯の表面にホワイトニング剤(薬剤)を塗って光を当てることにより漂泊します。漂泊するので歯が白くなったとハッキリと実感することが出来ます。

また、ホワイトニングは即効性があるので短時間で効果が出るのも魅力の一つです。

しかし、費用が掛かるのがネックです・・・。

ホームホワイトニング マウスピース

 

ホームホワイトニング

ホワイトニングは歯医者さんで行ってもらうものですがホームホワイトニングは自分の家で行うホワイトニングです。

歯医者さんで専用のマウスピースを作成して頂きます。そのマウスピースに薬剤を入れて歯に装着するというものです。自宅で出来て手軽なのですが歯医者さんのホワイトニングのように即効性はなく2週間ほど時間が掛かるようです。また、白さも少し劣ってしまいます・・・。

しかし、歯医者さんのホワイトニングよりは費用が掛からないので気軽に始められます。

 

市販の歯磨き粉

現在はホワイトニング効果のある歯磨き粉がたくさん売られています。

表面のステインを浮き上がらせて歯磨きすることで除去する仕組みです。

マウスウォッシュタイプの物もありますので自分に合った物を探してみるのもいいですね。

ホワイトニング歯磨き粉

 

マニキュア

マニキュアというと爪や髪の毛でもお馴染みなのでイメージしやすいですよね。

そうです、想像通りで歯にコーティングをする方法です。塗るだけなので直ぐに白さを感じることが出来ます。しかも、歯へのダメージも少ないです。

しかし、爪を想像して頂ければ分かるようにコーティングが剝がれてしまって長続きしないのが欠点ですね。

 

中学生でもできるの?

中学生でもホワイトニングを行うことは出来ます。

 

少し前まではホワイトニング剤は大人の歯である永久歯を想定して開発されていました。ですので、乳歯や生えたばかりの永久歯にはホワイトニング剤は強すぎるために悪影響を与えることを想定し子供への施術は行わないのが主流でした。

しかし、2010年ごろから歯に優しいホワイトニング剤が開発されてきて子供への施術も容認されてくるようになりました。ですが、やはり弱い薬剤でのホワイトニング効果は弱く今でも強い薬剤での施術も広く使用されています。

そこで、ホワイトニングを行う際には歯医者さんでしっかりと話を聞き、どのような効果を期待しどのような施術を行うのかを自分でも判断しながら選択することが大切となっています。

 

大人の場合は長年の黄ばみがあるので弱い薬剤ではなかな白くならない場合もありますが、子供の場合は元々、歯の黄ばみも弱く少しの漂泊で直ぐに白くなる傾向もあります。ですので、大人よりも弱い薬剤でも十分に白さを実感することが可能となります。

 

中学生はお金をかけずに自力で家で簡単な方法は市販の歯磨き粉

いろいろご紹介させていただきましたが歯医者さんでの施術やホームホワイトニングは費用が掛かるのも事実です。

やはり比較的お金を掛けずにすむのは市販の歯磨き粉でのケアとなります。

何も行わないよりは着色汚れの原因となるステインを取り除けるのも事実です。

まら、歯の汚れをキレイにするので虫歯予防の効果もかなり期待できます。

子供の歯の手入れにホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用したりマウスウォッシュの使用を取入れてみてはいかがでしょうか?

ホワイトニングマウスウォッシュ

 

重曹は安心なの?

ホワイトニングというと重曹でのケアが紹介されていることも多いようです。

重曹でそのまま歯磨きをしたり、歯磨き粉に振りかけて歯を磨いたり、水で溶かしてうがいをしたり・・・。

 

それでは、重曹でのケアは安心なのでしょうか?

 

そもそも、重曹とは食用として売られています。ですので、口にすること自体は問題ありません。

また、重曹には研磨効果もあるので歯の汚れを落とすのにも効果があるります。

実際に重曹入りの歯磨き粉なども売られています。

 

しかし、使用方法を誤ってしまうとちょっと危険なこともあるようです。

重曹で直接歯を磨いたり、歯磨き粉に重曹をかけて磨く場合は強い力をかけて長時間磨きすぎると歯の表面が必要以上に削れてしまう場合があるので注意しましょう。

水で溶かしてうがいをする場合は重曹はアルカリ性です。溶かす濃度を濃くしてしまうと強いアルカリ性となってしまいます。強いアルカリ性でうがいをすると口の内部の粘膜を痛めてしまう恐れがありますので注意しましょう。

 

100均の歯の消しゴム効果は?

100均で歯を白くするグッズが売られているようです。

 

歯の消しゴム

その名の通り歯を磨く消しゴムです。

スティック状の消しゴムで歯を擦る部分は斜めにカットされています。

歯の水分をふき取ってから使用すると良いようです。

ミントのような使用感があり本当に歯磨きをしたような感覚です。

意外と歯の汚れは落ちるようです。

磨きすぎには注意しましょう。

 

その他にもいろいろと100均で歯を白くするグッズは売られています。

お安く購入出来ますのでいろいろ試してみるのはいかかでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました