TBS金曜ドラマ『リコカツ』 第8話 離婚から始まるラブストーリー 第8話の『リコカツ』は?

離婚 リコカツ リコカツ

北川景子さん主演のTBS金曜ドラマ 『リコカツ!!』

毎週金曜 22時スタート

 

やっぱり二人は愛し合っている?

お互いを思う気持ちが強すぎてすれ違ってしまう二人・・・。

もどかしすぎる・・・。

リコカツ 第8話の内容

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の離婚をきっかけに周りでも変化が見られた。

元カレ貴也(高橋光臣)は『結婚を前提に付き合おう』と告白。人気小説家・水無月連(白洲迅)は紘一の実家まで行き紘一へ咲を貰うと挑発した。

その後、咲の編集部まで出向き咲を外へ誘い出し自らの孤独な身の上話をしながら『咲のために小説が書きたい』と素直に自分の気持ちを咲きへ伝えた。

水無月連から咲を貰うと言われた紘一は咲にふさわしい人を探そうと元カレ・貴也を尾行し貴也という人物を観察する。1日中尾行し貴也の真面目で優しい人柄を知り、やっぱり貴也が咲にふさわしい人だと結論づけ水無月連へ報告へ行くすのであった。

一方では一ノ瀬隊員が咲の元を訪ねて、これまでにした悪事を告げて謝罪する。咲は何故そんなとこ戸をしたのかと聞くと『初めて好きになった人です』。

紘一は咲をオシャレな和食店へ呼び出す。咲が向かうと元カレ・貴也がやってきた。紘一が二人にデイトを仕掛けたのであった。食事を楽しむ二人ではあったが、紘一の話をする咲が楽しそうで『本当に好きだったんだね』と告げるのであった。

ハートの風船 新婚旅行

 

家に帰ると母・美土里、姉・楓、紘一の母・薫がカラオケで盛り上がっていた。これからの人生について前向きに話をしているのであった。

紘一の父・正と咲の父・武史も飲み明かしていた。りなっちによしよしされながら別れた元妻に未練アリアリの二人。紘一は『いい加減に前を向いたらどうなのです』というのであった。

 

翌日、咲は水無月連の元へ仕事で訪ねる。水無月連が上げたペンを使っていない咲に気が付き自分に気が無いとこを察してしまった水無月連は『小説を書き上げたときに誰とも付き合っていなかったr俺と付き合え』と咲に言う。

母・美土里は咲が心配で『別の人との幸せを考えてもいいんじゃない』とアドバイスする。このままずっと一人で居るって考えて欲しくないと・・・。

紘一も父・正から『別の人との結婚を考えてらどうだ』と言われる。

 

咲は一ノ瀬隊員の元を訪ねる。何故パイロットになったのかと問いかけると自分の父親もパイロットであこがれていたと。そのあこがれの職業につけたと・・・。けど、結婚したらそんな誇りとしている自分の仕事を辞めて旦那さんに尽くすというのだ。咲はショックを受ける。

咲は自分たちは離婚したので気にしないで欲しいとの思いを伝えてその場を後にしたのでした。

紘一も一ノ瀬隊員の元を訪ねます。『あなたの思いにこたえることは出来ない』と告げるのでした。

 

その後、咲と会い自分といると咲は穏やかに生活できない。咲には穏やかに生活できる陽だまりのような人が必要なのだという。咲が一ノ瀬隊員の事を聞くと紘一は『付き合うことにした』と嘘をついた。咲も『貴也と遣り直す』と・・・。

怖い 女性

 

家の前で元カレ・貴也と偶然に合う。咲は貴也に『もう一度やり直そう』と告げたいが言葉が出てこない。遣り直すって決めたのに貴也に『もう一度やり直そう』って言えない自分がいた。そして、貴也に『どうしても言えない』『ごめん』『遣り直せない』そして・・・『私はもう誰とも結婚しない』って心の声が出てしまうのでした。

紘一も自分に対して『お前何嘘を言っているのだ』と本心を言えない自分を責めるのでした。

 

第8話はここまでです。

咲も紘一もお互いの事が好きなんですよね。

大好きでお互いを大切に思うからこそ、自分では幸せにしてあげることが出来ないと身を引いてしまう。とても切ないです。

けど、私も全然関係のない赤の他人ですが咲さんには一人で生きていくなんて思って欲しくないです。寂しすぎます。もっと、時間をかけてお互いの思いを話し合ってもらいたいです。まだ若いんだし時間はたっぷりありますよ。話合って二人は遣り直せなかったとしても前に進んでいく事が出来るようになると思います。今のままでは二人ともその場から前に進むことが出来なくなってしまいます。前に進むためにもしっかり話合って下さい。

まとめ

第8話のリコカツ(離婚活動、リカツ、離婚準備)

・姉・楓が娘・梓の心のケア

第8話はリコカツはほとんど無かったですよね!!

楓が梓の事を考えて慎重に離婚を進めようとしている事が第8話で唯一リコカツですよね。

第8話が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました