離婚後の生活 お部屋やお仕事探し 子供3人と新しい生活をスタートするために

新しい人生 新生活 離婚準備

具体的に離婚後の生活を想像してみてください。

子供の学校は?名字は?どこに住みますか?仕事は?など様々な問題が発生します。

子供3人の将来がかかわることです。

一つ一つ時間をかけて真剣に考えてみてみましょう。

離婚裁判にまでもつれ込み、離婚まで4年もかかってしまった私が実体験をお伝えします。

子供3人と新しい生活をスタートするために

 

子供の学校は?名字は?

学校の階段

子供の事を第一に考えてあげて下さい。

離婚後も今と同じ学校に通わせますか?それとも新たなスタートと割り切って転校させますか?

この問題には答えはありません。お子さんの性格や友達、環境なんかによっても様々なケースがあるからです。

比較的に都会の小学校だとシングルマザーは珍しい事ではありません。

しかし、田舎になるとどうしてもシングルマザーに対する偏見は強い傾向にあります。

また、名字を旧姓に戻すかそれとも今のまま旦那さんの名字にするかなどでも様々な結果となるでしょう。

 

引越すことや旦那さんのサポートが無くなることで塾や習い事、スポ少なんかも続ける事が困難になるかもしれません。

金銭的だけでなく送迎なども出来なくなる可能性があるからです。

 

さまざまなケースを想定して総合的に判断される事をおススメします。

お子様が理解できる年齢や性格であるのなら一緒に考えてみるもよいでしょう。

 

お子様にとって父親と一緒に生活しなくなる事だけでも受け入れるのには時間がかかること。

それと同時に生活環境が変わるのですからお子様にはかなりの負担をかけることになります。

しっかりサポートしてあげて下さい。

 

自分も離婚の事で頭がいっぱいかもしれません。

けど、大事なことなので焦らず、じっくり考えてみてください。

 

アパート探し 賃貸 住宅

どこに住みますか?

お子さんのことを十分考えたうえで住居を決定してあげてください。

学校を変えないなら同じ学区内で探さなくてはいけないでしょう。

けど、あまりに近すぎても旦那さんとしょっちゅう顔を合わせなくてはいけなくなるかもしれません。

 

お金もかかるし、子育てのサポートが必要なので実家に戻りますか?

実家だったら両親のサポートが受けられて安心でしょう。

しかし、実家に戻れる人ばかりではないですよね。

兄弟家族が住んでいる、子供の学校が通える距離ではない、実家は手狭で4人増は無理・・・。

  

条件に合う賃貸を探してみましょう!!

公営住宅

市営や県営などの公営住宅はひとり親だと優先的に入居が可能となりますよ。

入居費も収入に見合った金額で入居することが出来ます。

また、上下水道代などの援助をしてもらえる自治体もありますよ。

それなら学校などのある地域で探すことも可能でしょう!!

 

ただ、空きがないと入居できない場合もあります。

 

空き家バンク(登録物件情報提供)

今は空き家バンク(登録物件情報提供)なんてのもあります。

空き家を安く貸して貰えるのです。

登録物件によってはアパートと同じくらい、もしくは安い値段で一軒家に住める事も!!

各自治体にて取り扱っています。

お住いの自治体に相談してみてください。

 

ビレッジハウス

最近ですとビレッジハウスも人気です。

以前の雇用促進住宅をリノベーションして提供してくださっています。

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!


カンニングの竹山さんがCMしてますよね。

初期費用がお安いというのは離婚後すぐの生活にはとても魅力の一つです。

また、家賃もお安く提供してくださっています。

なのに、部屋数などは一般的なアパートよりも多かったりするのが特徴です。

以前の雇用促進住宅なので近くに公園等の施設があったりするのも魅力的ですよ。



家賃2万円台~、全国47の都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開! 


アパート

アパートでもお得な情報がありますよ。

全国の賃貸物件検索サイト

敷金0礼金0のお部屋探し アパマンショップ



お部屋探しは アパマンショップでおなじみのアパマンショップ!!

こちらからも”敷金礼金0”のお部屋探しが出来ます。

 

また、生活施設などから探すことが出来るので子供の学校の近くの物件もすぐに見つけることができます。

お店に行かなくても物件の【この物件についてお問合せ(無料)】よりメールで問い合わせが出来るので、忙しくてお店の空いている時間に行けなくてもお家で好きな時間にお部屋探しが出来てしまいます。

 

いろいろあるので上手く条件のあうところを根気強く探してみて下さい。

 

 合わせて読んで頂きたい記事≪ 

 別居の準備 お部屋探しや引っ越し 子供3人の負担を減らすために

 子供3人 離婚準備

 

シングルマザー 仕事 探し

仕事はどうしますか?

離婚をしたら仕事をしなくてはいけませんね。

今の仕事をそのまま続けられそうなら頑張って続けるのが一番。

けど、続ける事が困難なら転職をしなくてはいけませんね。

ハローワークや転職サイトを上手く活用して早く条件のあった仕事を探しましょう。

 

みのこの転職経験はこちらの記事《

 離婚して子供3人と生活していくために・・・。別居後の仕事探し

 

また、今まで専業主婦で仕事をした事がないわ・・・。

なんて人でも大丈夫ですよ。

厚生労働省が母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業を行っています。

自立支援教育訓練給付金や高等職業訓練修了支援給付金などというものがあり、職業訓練のなどがあります。

詳しくはお住いの自治体へ相談してみてください。

母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について

厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

みのこの場合

私の場合は子供3人みんなまだ小さかったため、1人で育てていくことが困難と判断し実家へ戻ることにしました。

今でもこの判断が正しかったのかは悩んでいます。

 

なぜなら、実家は遠方で今までの生活は全部捨てて帰ってくることとなったからです。

しかも、実家は田舎で山奥でした。

今まではアパート暮らしで同じアパートにお友達もいましたが、実家の近所には子供はひとりもいませんでした。

幼稚園なども近くにはなく、実家から12キロ離れた幼稚園へ路線バスで通わせることとなりました。

それから言葉の違い(方言)や学年途中での転入、制服も間に合わず・・・。

結果的に子供たちにかなりの迷惑をかけてしまったのも事実です。

 

両親へもかなりの負担をかけてしまうこととなりました

両親はちょうど定年をむかえのんびりとした生活をスタートさせていました。

夫婦2人で趣味の旅行へ出かけたり、お家に畑を作って野菜を育てたりとセカンドライフを満喫していたさなかっだったのです。

そんなときに私の出戻り。

しかも幼い子供3人も抱えて・・・。

 

会社へも通う事は出来ないので転職しました。

その時はすでに30代後半、子供3人抱えての転職はなかなか簡単なことではありませんでした。

しかし、生活するためには仕事を探すしかありません。

なりふり構わずにいろんな所へ応募しました。

 

そして、最終的には転職サイトにエントリーすることで職場を探すことが出来ました。

内定を頂いたときはホントに安心したことを思い出します。

 

みのこの転職経験はこちらの記事《 離婚して子供3人と生活していくために・・・。別居後の仕事探し

 

けどね、それとは逆に良い事もたくさんありましたよ。

幼稚園は遠かったけど、スキー場がすぐ近くにありました。

雪遊びなんてほとんどしたことはなかった子供たちですが、今ではスキーはかなりの腕前に

今では み~ちゃんは1級、の~ちゃんは2級、こ~ちゃんは3級を取りましたよ☆

 

そして、子供3人みんなおじいちゃん、おばあちゃんが大好きで仲良しです。

夫婦2人暮らしだった両親に内孫が出来た気分を味わってもらえたことは良かったと思っています。

薄毛だったおじいちゃんですがちょっぴり髪が増えたしね!!

おばあちゃんは趣味の編みもので孫たちに帽子や手袋、マフラーなんかも作ってくれます。

 

あなたが一生懸命に子供の事を考えてした選択はきっと子供3人に届くはず。

今はつらくて孤独と感じるかもしれませんが、子供3人は宝物です。

絶対に守ってあげましょ。

子供3人と新しい生活をスタートするために

コメント

タイトルとURLをコピーしました