別居後、旦那が学資保険を勝手に解約!! ソニー生命で学資保険のシュミレーションを行って再加入しました。

ライフプランニング 収支 シュミレーション 離婚準備

離婚のための別居後に旦那が学資保険を勝手に解約しました。

仕方が無いのでソニー生命で学資保険のシュミレーションを行って再加入しました。

別居前に旦那の生命保険や子供3人の学資保険には加入していました。

けどね、離婚の時って子供のために貯めていた貯金や学資保険なんかも財産分与で分割されてしまうんです。

夫婦が協力して貯えた財産だからなんですって。

なので、婚姻期間中に加入していた旦那の生命保険や子供3人の学資保険は解約時の返戻金の金額が財産分与の対象になるのです。

それを知ってか知らずか分かりませんが、それらの保険は別居後に

旦那
旦那

保険料が払えない

とか言って離婚のための別居後に旦那が学資保険を勝手に解約してしまったのです・・・。

離婚時の財産分与は婚姻期間中の共有財産を分割します。

ですが、別居をしたら別居後の貯えは固有財産と認めて貰えることになるのです。

そうです、別居後の貯金や別居後に加入した保険は旦那には関係なく私の財産になるってことです。

離婚して子供3人と生きて行くのだから保障や貯えって大切ですよね。

私がもしも時は子供3人を守ってくれる親が居なくなってしまうのです・・・。

そんな時のために少しでも多くのお金を残してあげたいものです。

子供3人がその後の生活に困らないようにしてあげたい!!

ファイナンシャルプランナー(FP)2級を持っている私ががお話しいたします。

離婚のための別居後に旦那が学資保険を勝手に解約してしまったら、仕方が無いのでソニー生命で学資保険のシュミレーションを行って再加入しょう。

 

離婚のための別居後に旦那が学資保険を勝手に解約

離婚時の財産分与

離婚時の財産分与とは婚姻期間中に夫婦が協力して貯えた財産を共有財産としそれらを分割することです。

ですので、厳密には別居中でも婚姻期間なので財産分与の対象となります。

しかし、別居中は夫婦が協力して貯えた財産ではないので財産分与の対象にならないというわけです。

 

財産分与時には子供の将来のために貯めていた貯金や学資保険なども夫婦が協力して貯えた財産という理由で分割されてしまいます。

また、私がお小遣いで貯めていた貯金も、もともとは夫婦が協力して貯えた財産なので分割の対象になるんですって。

 

そうすると・・・。

今までコツコツと貯めてきた貯金は全部半分になってしまうでしょう。

子供3人の将来を考えると不安で不安でたまりません。

 

私の場合は財産分与で子供の将来のための貯えが0になってしまいました。

 

家庭の貯金は旦那名義の銀行口座だったので置いてきました。(今思うと通帳と印鑑は持ってきて置くべきでした・・・。)

その間に旦那はその貯金を生活費で使用していました・・・。

 

旦那の生命保険や子供3人の学資保険は旦那の名前で契約していたので、まだ離婚していないのに旦那が勝手に解約手続きをしてしまいました・・・。

もちろん、返戻金は旦那名義の口座へ振り込まれてしまいました。

 

そうです、私は悪いことをした訳でもないのに身ぐるみを全部剥がれてしまったのです。

 

ゼロ お金が無い 何にもない

最終的に離婚が成立した際には財産分与の金額が決定し、その金額を私が受取る権利はあります。

しかし、離婚が成立するのはいつになるかわかりません。

ましてや、旦那が離婚が成立してすぐに払ってくれる保証もないのです・・・。

 

財産分与って怖いですね。

やはり、家庭の貯金は私が保管してどうしても必要な時はそこから使用すれば良かったです。

夫婦の共有財産ではありますが、おおむね半分は私の財産になり受取る権利があります。

 

財産分与の金額が決定した際に差額分を旦那へ支払えばよいことでなのです。

そうです、半分ほどの金額を残しておけば問題無いというわけだったんです。

 

今すぐの生活費ってホントにあればあっただけ助かります。

しっかりと確保しておきたいものです。

 

知らないといろいろと不便なことになってしまいます。

いろいろ調べて賢く離婚を進めましょう!!

ポイント

夫婦の貯金がある場合はしっかり管理して別居時なども通帳や印鑑は持って来るようにしましょう。

離婚が成立し財産分与の金額が決定した際はそこから旦那へ支払えばよいのです。

 

別居中に生活が苦しい場合はその貯金を使用しても大丈夫です。

財産分与は一般的に半分です。

貯金の他に保険の返戻金、車などは査定額で分割します。

 

財産分与の金額をシュミレーションしてみてその金額を確保し残りを生活費にあてましょう。

注意:車など現物で貰う際は不足する分を現金で支払うこととなります。現物で貰う際は注意しましょう。

 

保障と貯蓄のために学資保険に加入しよう。

離婚成立時には私は財産分与で定められた金額を受取る権利があります。

しかし、旦那がお金を使いこんでいて、貯金が無くなっていたら・・・。払ってもらえる権利があってもお金は貰えないのです。

無いものは無い!!

払えないものは払えない!!

ってことのようです。

 

なので、財産分与をあてにしないで別居したらすぐにもう一度、貯えなおさなくてはいけないのです。

別居直後でお金をいっぱい使ってしまって生活が苦しいのは分かります。

 

けど、金額は少なくたって構わないので定期的に積み立てられる仕組みを作っておきましょう。

数千円でもばかになりません。

チャレンジしてみて下さい。

 

しっかり貯えて、子供3人に迷惑をかけないようにしましょう。

【シンママだって子供3人を大学まで行かせてあげるんだ!!】

私の目標です。

 

目標

学資保険や生命保険がおススメです。

少ないお金で補償と貯蓄の両方を補いましょう。

とはいっても、やはりお金がないのは現実です。

いま、使えるお金を有効に活用し補償と貯蓄を実現させましょう!!

学資保険

学資保険は子供の教育費用を貯蓄するための保険です。

一定の保険料を払うことで子供の年齢や進学などに合わせて祝金や満期保険金を受け取ることのできる貯蓄型の保険です。

学資保険の特徴

1.保険料払込免除特約

契約者が死亡したり所定の高度障害状態になった場合はそれ以降の保険料を免除してもらえ、保証は継続します。つまり、保険料は払わなくてよくなるけど祝金や満期保険金はそのままもらえるってことですね。

2.加入時期を早くしたり、保険料を払う期間を短くしたり保険金を受取る時期を遅らせることで支払った保険料よりも保険金を多く受取ることが出来ます。

3.生命保険料控除の一般生命保険料控除の適用がありますので所得税や住民税を安くすることが可能となります。

4.特約で死亡保障や医療保障をつけることが出来ます。しかし、受取の際の保険金額が下がってしまうので注意しましょう。(元本割れ)

なんといっても、1.保険料払込免除特約が魅力的です。

ただの貯蓄だったら私がもしもの時にその後の貯蓄の継続は難しくなってしまうでしょう・・・。

 

生命保険(終身保険)

被保険者が死亡したり所定の高度障害状態になった場合に死亡保険金や高度障害保険金を一生涯にわたり受取ることのできる保険です。

そうです、死亡時の保証が目的の保険です。

  

ですが・・・。

生命保険(終身保険)には解約返戻金があります。

解約返戻金とは

保険を解約した際に払込んだ保険料の一部、もしくはすべてが返金されることです。

 

そうです、子供の進学などのタイミングに合わせて解約すれば解約返戻金が受取れるというわけです。

注意

解約するタイミングによっては払込んだ保険料より安くなってしまうことがあります。

解約返戻率は契約する際にシュミレーションして頂けます。

子供の進学のタイミングに確実に返礼率が高くなっているかの確認をしてから契約することをおススメします。

生命保険(終身保険)の特徴

1.保険期間が一生涯の死亡保険。

2.被保険者が死亡時に保険金を受取ることが出来る。

3.保険料は常に一定で契約の更新はない。

4.貯蓄性があり解約するときに解約返戻金を受取ることできる。

 学資保険では必要な時期に上手くお金を受取ることが出来ない場合は生命保険(終身保険)の方が使い勝手が良いというわけです。

しっかり、ライフプランニングを行い必要な時期や金額を把握するようにしましょう。

ソニー生命で学資保険のシュミレーションを行って再加入しました。

三女を出産した時に頂いたミルクやオムツのパンフレットと一緒にソニー生命の学資保険のパンフレットも入っていました。

引越しの荷作りの際に出てきたのですが何気なく目を通してみました。

 

ソニー生命の特徴として、保険加入前にライフプランニングをして頂けるとのことでした。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級を持っている私はライフプランニングの重要性を知っていました。

自分でもシュミレーションすることは可能ですが、いろいろ調べたり表を作成したりするのがとってもたいへんなのでソニー生命へ連絡しライフプランニングをして頂くこととしました。

 

ライフプランニングとは

これから先の人生のあらゆるシーンで必要となるお金をシュミレーションするものです。

子供3人の成長に合わせて毎年の収支が変わってきます。

 

収入

お給料は一定だとしても児童手当は中学校卒業の3月までだし、児童扶養手当も18歳に達する日以降最初の3月までです。

養育費は旦那次第で振込まれたり振込まれなかったりします。

このように確実では無い収入はシュミレーションには含めない方が良いでしょう!!

 

収支は大きく変わります。

子供3人の教育費などは学年が上がるにつれて授業料が必要となるでしょう。

国公立へ進学するか私立へ進学するかでも大きく変わります。

 

また、生活に必要な出費もあります。

現在、マイカーを持っていても何年か後には買い替えなくてはいけません。

普通車ですか?軽自動車ですか?新車ですか?中古車ですか?

 

買い替える頻度はどのくらいですか?

新車を購入して10年乗りますか?

中古車を購入して5~6年くらいで買い替えますか?

自動車税は毎年いくらかかりますか?

 

また、家は三姉妹ですので、成人式なんかも振袖のレンタル代などで数十万円かかるでしょう。

  

習い事や塾など・・・。

現在は行ってなくても大学受験の際などは塾へ行くかもしれません。

大学受験時に塾へ通うことは珍しく無くなっています。一般的にそうであろうと想定できるものは設定しておきましょう。

 

このように分かっているものはなるべく細かく記載するようにします。

現在の考えでいいの決めて行ってみましょう。

 

こうやって収支を年単位でにシュミレーションしていくのです。

 

実際に私がソニー生命でライフプランニングして頂いたものをご紹介します。

ライフプランニング 収支 シュミレーション

左に色分の説明があります。

私がこのライフプランニングを行った時の思いつく限りを書いています。

 

オレンジ色 : 税金や社会保険 ですので、定年を迎える60歳までで終わりとなります。

薄いオレンジ色 : 生活費 私は実家に居候してますので比較的低金額に設定されています。こちらは生活費なので死亡時まで続くこととなります。

緑色 : 固有の支出 携帯電話料金や化粧品・趣味のある方は趣味など決まった支出です。

黄緑色 : 教育関連費用 子供3人が大学卒業まででシュミレーションしてあります。実際には大学へ行かなかったり大学院へ進学したりと変わるかもしれまでん。あくまでもその時の考えで大丈夫です。

薄紫色 : 夢プラン 車(マイカー)などの購入資金です。

 

このようにライフプランニングを行うことでひとめでいつお金がたくさん必要となって収入より収支が上回る(赤字になる)のかが分かります。

なので、その時期にその金額を補えるような学資保険へ加入するとよいことが分かってきます。

 

水色の枠の中をご覧ください。

私の場合は51歳から59歳までの9年間に赤字が発生します。

このグラフの場合は赤い線が収入見込みなのでそれより上回ると赤字となります。

なので、そこを目安に学資保険を組み立てていけばよい事になるのです。

グラフの黄緑色は教育関連費用です。

子供3人の大学入学の時期がとび抜けてお金が必要となるわけです。

みのこ
みのこ

うわ~

9年間も赤字だなんて大丈夫かしら・・・。

   

黄色の枠の中をご覧ください。

38歳から50歳までは赤い線の収入見込みより下回っていて貯蓄する余裕があります。

その分を学資保険の掛金にすれば良いのです。

教育関連費用があまり掛からない時期なので多少の余裕が発生します。

この時期に余剰資金を上手に使用し貯蓄しましょう。

  

これらの事より

私は53歳と56歳の時に大きな赤字があります。

このライフプランニングは子供3人共に大学へ通う場合を設定しているので2人が同時に通う時期が赤字になってしまう事が分かります。

そこで、学資保険を大学入学時に合わせて加入するようにします。

金額はグラフより200万円くらいを目安にするとよいのではないでしょうか?

 

このグラフは私が保険加入時に作成して頂いたものなのでちょっと前の古い学費で計算されています。

現在は2020年度より高校や大学の無償化(高等教育の修学支援新制度)が始まっている関係で教育費の負担はだいぶ軽減しています。

 

また、この時期は私は無職だったので収入見込みは30代女性の平均年収になっています。

  

学資保険の他に奨学金制度などもありますので赤字部分を全て補わなくても大丈夫です。

また、今回のグラフは全て学費の一番高い私立大学の理系コースに設定しています。

国公立や私立でも文系とかですともう少し安くなります。

 

私の場合はこのままソニー生命の学資保険を紹介して頂き加入しました。

ソニー生命でライフプランニングを行ったのでもちろん紹介して頂ける商品はソニー生命の商品となります。

 

デメリット

ソニー生命でライフプランニングを行ってもらうと、ソニー生命の保険商品にしか加入できない。

当たり前ですが、1社の商品でしか検討できないのはかなり勿体ない事です。

 

私の場合はこのままソニー生命の学資保険へ加入しました。

ソニー生命でライフプランニングを行ったのでもちろん紹介して頂ける商品はソニー生命の商品となります。

 

保険商品は各社さまざまな商品を販売しています。

みなさんの人生は1人1人だれも同じではありません。

なので、さまざまな人生に対応するように各社いろいろな保険商品を販売しているのです。

 

ライフプランニングを行っていつくらいにどれだけの保証が必要か分かっても、ソニー生命にそれに合った商品がないかもしれません。

ソニー生命でライフプランニングをお願いすることはとてもいいことなのですが、ソニー生命の商品しか選べないのがデメリットになってしまいます。

 

もちろん、ソニー生命の保険商品がみのこに一番会っていたという可能性も否定はできません。

しかし、さまざまな保険商品を比較して考えるとその商品のメリット・デメリットが分かるので納得して加入することが出来るようになります。

私は比較してから納得して加入することをおススメします。

 

デメリットを解消しよう。

学資保険の専門相談サイト 【保険ガーデンプレミア】 だったらそんなデメリットを解消できます。

 

【保険ガーデンプレミア】は厳選されたプランナーさんを紹介してくださいます。

その担当プランナーさんが将来どのタイミングでいくらのお金が必要になるかを無料でシュミレーションしてくださるのです。

 ライフプランニング

そうです、私がおススメしているライフプランニングを行ってくださるのです。

①将来必要なお金

将来どのタイミングでお金が『いくら必要か』把握しておくことで将来の不安が解消されしっかりとした準備をすることが出来ます。

必要なお金を無理なく準備していくうえで『万一の事態』に備えることが出来ます。

ポイントは『万一の保険』を掛けすぎずに『将来必要なお金』を準備することが大切となります。

②保険選びで大切なこと

学資保険に限らず保険を選ぶ時に最も大切なことは『将来かならず必要なお金』と『万一の事態に備えるお金』を正確に把握することが重要です。

 

【保険ガーデンプレミア】だったらそんなライフプランニングを担当のプランナーさんが無料でシュミレーションしてくださるのです。

 

子供の教育費用はその子その子で全く違った金額となります。

全て公立の学校へ通うのか、全て私立の学校へ通うのか!!

それとも一部だけ私立に通うのか?

また、実家から通うのか実家を離れてアパートで一人暮らしをするのかそれとも学生寮へ入るのか?

塾や習い事に通うのか?部活動やスポ少へ入るのか?

その子によっていくらでも進む道のりは変わってきます。

 

ですので、ご自分のご家庭でお考えの子供さんの進路によってシュミレーションするのです。

今、考えている進路で大丈夫です具体的に考えてみましょう。

 

理想のプランが見つかる

【保険ガーデンプレミア】が提携している保険代理店は10社以上!

1社の商品では難しくても複数社の保険商品を組合わせることでご希望に合った理想のプランを実現することができます。きっとベストな貯蓄方法が見つかりますよ。

絶対に複数社の保険商品をみて、いろいろ比較しメリット・デメリットを理解したうえで納得して加入するのが一番です。

【保険ガーデンプレミア】は学資保険の専門相談サイト!!

遠慮なくいろいろ相談していいんです。

きっと、ご家庭に合った教育資金の貯蓄方法が見つかりますよ。

 保険ガーデンプレミア公式サイトはこち 




まとめ

まとめ

離婚のための別居後に旦那が学資保険を勝手に解約してしまったら、保障と貯蓄を補うために再度学資保険を契約すると良いでしょう。

 

保険の加入前は絶対にライフプランニングをしましょう。

お金のシュミレーションをすることで必要なお金や保証が見えてきます。ライフプランニングを行わないで保険に加入することはナンセンスです。絶対にライフプランニングを行いましょう。

ライフプランニングを行ってくれるところはたくさんあります。私はソニー生命でライフプランニングを行ってもらいました。しかし、ソニー生命でライフプランニングを行ってもらうことにはデメリットがあります。それは保険商品がソニー生命の商品しか取扱っていないことです。

 

ソニー生命のデメリットを解消しよう。

学資保険の相談サイト【保険ガーデンプレミア】を利用しよう。

保険ガーデンプレミアは無料でライフプランニングを行ってくれて学資保険の相談にまでのって下さるのです。取扱っている保険商品は10社以上からなっています。

これだけたくさんの会社より複数の保険商品を紹介して頂けたらきっと自分に合った学資保険が見つかります。しかも、比較できるのでメリット・デメリットがわかり納得して加入することが出来ます。

こんなにいろいサービスして頂けるのに無料なんて凄くないですか?

ライフプランニングをは絶対に行ってくださいね。

保険ガーデンプレミアは無料の学資保険の相談サイトです。

相談がメインですので絶対に学資保険に加入しなくても大丈夫です。

 

専属のプランナーさんを付けていたでけるので条件を把握してくださって。とっても内容の濃いアドバイスをして頂けます。

 

相談はいつでもどこでも無料です。

学資保険に加入するしないはシュミレーションの後に考えれば大丈夫です。

一度、相談をしてライフプランニングをしてもらってもらいましょう!!

 

<< 保険ガーデンプレミアで無料相談を行う >>





 

コメント

タイトルとURLをコピーしました