私、離婚調停申し立てられた側です。突然、 離婚調停の呼び出し状が届いたんです。離婚調停の失敗談をお話します。

離婚調停 離婚届 離婚の失敗談

私、離婚調停申し立てられた側です。

突然、離婚調停の呼び出し状が届いたんです。

家庭裁判所から私宛に封筒が届きました。

 

みのこ
みのこ

えっ!家庭裁判所って・・・。

いや~な予感とともに開封すると離婚調停の呼出し状!!

悪い事しているわけではないのにとても罪悪感を感じたことを覚えています。

 

そして私は離婚調停で素直に話合いをすることが出来ずに失敗し、離婚裁判までもつれてしまったのです。

 

離婚は協議離婚で決着をつけるのが一番です。

協議のうちにしっかり話し合いましょう。素直にこれからの事を真剣に話し合いましょう。

子供3人と幸せな生活をスタートさせるために

離婚調停の大まかな流れ

離婚の話し合いをする中で夫婦のどちらか一方が離婚調停を必要と判断し申立てを行うと開催されることとなります。

 

離婚調停の場合、申立人(申立てを行った人)が相手の住所の管轄の家庭裁判所へ出向くこととなります。

夫婦が遠方に住んでいるなどの理由がある場合は双方が合意していれば管轄外の家庭裁判所で行うこともできます。

また、裁判所へ出向くのが困難な場合は家庭裁判所が許可すると電話での参加なども出来ます。

申立て方法

概要

離婚について当事者間の話し合いがまとまらない場合や話合いができない場合に家庭裁判所の調停手続きを利用できる。

調停手続きは離婚そのものではなく

  • 離婚後の子供の親権者
  • 親権者にならない親と子の面会交流
  • 養育費
  • 離婚の際しての財産分与
  • 年金分割の割合

を一緒に話し合うことができます。

申立人
申立先

相手方の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所

申立に必要な費用
  • 収入印紙1200円分
  • 連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認ください。)
申立に必要な書類
  1. 申立書及びその写し1通
  2. 標準的な申立添付書類
  • 夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 年金分割のための情報通知書(年金分割割合についての申立てが含まれる場合)

夫婦関係調整調停(離婚) 

裁判所 https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html

離婚調停期日の開催

申し立て書が処理されると双方に離婚調停期日通知書が届きます。

記載された日時に家庭裁判所へ出向き調停が行われることとなるのです。

 

調停員と呼ばれる男女各1名ずつの計2名と夫婦で行われますが必要な場合は弁護士さんも参加することが出来ます。

 

開催は1~2カ月に一度のペースで行われ離婚についての話し合いを行います。

早い夫婦で2~3回の開催で離婚成立する場合から1年以上かかる場合とさまざまなケースがあるのです。

 

調停はあくまでも話合いなので基本的には法律は関係ありません。しかし、現実的には法律を基準に話合いが行われています。

調停調書

離婚が成立する際に調停調書という書類を作成する事なります。

調停調書は裁判所で作成される文書で強制執行力を持っています。

裁判所 離婚調停 離婚裁判

みのこの失敗  離婚調停 第一回期日

私は呼出し書に記載された日時に調停の行われる家庭裁判所へいきました。

受付へ行くと待ち合い室の部屋番号の書いてある紙を渡されそこで待つように言われました。

 

時間になっても誰も来ない。

そして・・・。30分弱ほど経過したときに年配の女性が呼びに来てくれて。

調停員
調停員

みのこさんですか?

みのこ
みのこ

はい

調停員
調停員

こちらへどうぞ。

調停室まで案内されるとスーツ姿の年配の男性が座っていました。

呼びに来てくれた女性も座すわり・・・。その女性も調停員だったのです。

 

初めに大まかな調停の流れを説明されました。

『申立人』である旦那と私が交互に調停室へ入り調停員と話をする。

 

調停員が話を聞き、相手方へ私の話を伝えてくれるといったかたちで話合いが進められていくとのこと。

 

申立人の話が最初とのことで1回目の旦那との話は終わっていました。

そう、待合室で待たされていた30分弱は旦那との話合いの時間でした。

 

旦那は既に弁護士を連れてきていました。

基本的に離婚をする方向で話をする。

養育費や財産分与をするので私の預貯金すべて教えろ(通帳開示)とのことでした。

 

調停はあくまでも話し合いの場であって法律に基づいた決め方をしなくても構いません。

 

家は夫婦共働きでお互いに給料の決まった額を家庭へ入れるシステムでした。

なので残りのお金はお小遣いとしておのおのが自由に出来るお金だったのです。

 

ですから、家庭へ払っていたお金のみの分与を要求しました。

なぜなら、旦那は車やバイクが趣味でお小遣いはほとんど使ってしまい預貯金はほとんどありません。

 

私はお小遣いを計画的に貯金していたのでそれなりに預貯金を持っていたのです。

なので、そのお金は私のものだと主張したのです。

 

旦那も私の貯金だとは理解していました。

しかし、財産分与の際は私のお小遣いであっても婚姻期間中に得た収入なので共有財産とみなされ財産分与の対象になる事を弁護士さんより聞いて知っていた旦那は容赦ありません。

預貯金をすべて教えろ(通帳開示)の一点張りでした。

 

私も譲らず・・・。

今回の期日は終了することとなりました。

 

その場で次回期日の日時を決め帰りました。

みのこの失敗  離婚調停 第二回期日

私は第二回期日の日時に調停の行われる家庭裁判所へいきました。

受付へ行くと待ち合い室の部屋番号の書いてある紙を渡されそこで待つように言われました。

 

時間になっても誰も来ない・・・。

 

前回と同じパターンです。

30分ほどしてまた前回と同じ年配の女性が呼びに来てくれました。

調停員
調停員

預貯金を開示する気になりましたか?

みのこ
みのこ

開示をするつもりはありません。

調停員<br>
調停員

でしたら、離婚調停を取下げると申立人が申しております。

みのこ
みのこ

わかりました。

 

これで、私の離婚調停は終了したのです。

遠方から弁護士を連れてきていた旦那は時間とお金の無駄だと離婚調停を取り下げたのです。

まとめ

まとめ

 旦那が弁護士や離婚調停を申し立てる前に私ときちんと話をする機会も無いような状態でした。

なので、一方的に離婚調停を申し立てられた怒りなどで素直に話合いをすることが出来なかったのです。

 

今から思うとこの時にきちんと話合いをするべきでした。

というより、離婚調停になる前に話合うべきだったのです。

離婚調停申し立てられた側にならないように・・・。

 

2人で話し合いが出来る機会は離婚調停までです。

しかも、離婚裁判には2年半の月日をついやする事となったのです。

 

離婚は協議離婚が一番です。

慰謝料や財産分与、親権や養育費なんかも2人で話合って決まる事が出来ます。

必要な事は意地をはらづにきちんと話し合いましょう。

私のようにならないように・・・。

関連する記事はこちら《協議離婚が良い理由(メリット) どうして離婚は協議離婚がいいの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました