【アフィリエイト広告を利用しています。】

【虫が寄ってくる人の特徴】と対策法をご紹介!

スポンサーリンク

自分の周囲に虫が寄ってくると気になった瞬間は誰でも経験があるかもしれません。

 

虫が寄ってくる人は、どのような特徴を持っているのでしょうか?

単に臭いだけではないと考えられます。

 

同様に、虫対策にはどのような方法が効果的なのでしょうか?

 

本記事では、虫が寄ってくる理由やその原因、

さらに顔周りの虫対策に焦点を当てて解説します。

 

スポンサーリンク

虫が寄ってくる人の特徴

虫が寄ってくる理由には、様々な要素が影響しています。

虫の種類ごとに微妙な違いがあり、一つの要因だけでなく、

複数の要素が絡み合っているため、これらを理解することが大切です。

 

汗と体臭

虫は、人間の体臭や汗に含まれる成分に敏感に反応します。

 

例えば、蚊は人間の汗に含まれる「乳酸の香り」を好み、

引き寄せられると言われています。

 

そのため、汗っかきで体臭のある人は、

虫にとって魅力的な存在となります。

 

足の臭いも蚊を引き寄せる要因となります。

 

そして、妊娠中の女性はホルモンバランスが変化し、

蚊に好まれる肌の匂いに変わるとされているので注意が必要です。

 

体温と二酸化炭素

虫は、人間の呼吸によって発生する二酸化炭素や体温に反応して近づいてきます。

 

蚊はその感知能力が卓越しており、

50メートルも離れた場所からも感知できると言われています。

 

したがって、代謝が活発で呼吸量が多い人や、体温が高い人は、

虫にとって魅力的な対象になります。

また、アルコールを摂取した後も、

アルコールの分解により二酸化炭素の排出量が増加するため注意が必要です。

 

色や香り

色や香りにも虫は反応します。

蚊は黒い色に引き寄せられると言われています。

 

これは、蚊がモノクロの視界しか持たないため、

黒・グレー・白くらいしか識別できないので

暗い場所を好む性質があるからと考えられます。

 

 

黒い服を身に着けたり、肌の色が黒い人は、

虫に好かれやすくなります。

 

一部の化粧品や香水に含まれる化学成分も、

虫を引き寄せる可能性があるとされています。

 

血液型

虫が寄ってくる理由として頻繁に取り上げられるのが血液型です。

一般的には、蚊に刺されやすい順番はO型>B型>AB型>A型とされています。

 

これは単なる統計的なデータであり、個人差があるため、

必ずしも普遍的な傾向ではないことに留意すべきです。

 

この順序の背後には、1972年に欧米で行われた調査結果があり、

「ガンビアハマダラカ」という蚊の腸内に存在した血液の量がこの順序に従っていたことが理由です。

 

スピリチュアル

科学的な根拠からは外れますが、

虫が寄ってくる理由にはスピリチュアルな視点も存在します。

 

虫は人の波動やオーラを感知しやすく、

影響を受けやすいと言われています。

 

波動の高い人は通常、他の人よりも多くの徳を積んでいたり、

直感力が優れていたりするとされています。

 

虫が寄ってくることには、スピリチュアルなメッセージやサインが込められており、

虫の種類によってはその意味が異なります。

 

例えば、てんとう虫は幸運をもたらし、

蝶は変化や成長を象徴するとされています。

 

こういった視点も存在します。

 

心地よい環境を作り上げる、顔周りの虫対策法

虫が寄ってくる理由や原因を把握しても、虫に悩まされることは避けたいものです。

そのため、顔周りを保護する有効な対策方法をご紹介いたします。

虫よけアイテム

市販の虫よけスプレーやローションを使用し、肌に塗ることが有効です。

ただし、効果が持続する時間は限られているため、定期的な塗り直しを心がけましょう。

 

さらに、汗によって効果が薄れることを考慮し、

頻繁な塗り直しを行います。

 

ハーブとアロマ

虫が嫌う香りを持つハーブやアロマを活用することも効果的です。

 

ハッカ、シトロネラ、ラベンダー、レモングラス、ペパーミントなどの香りは

虫を寄せ付けません。

 

特に、身体に優しいアロマは選択肢として有益です。

 

虫よけスプレーの香りが苦手な方は、

アロマやハーブ系アイテムを試してみましょう。

 

 

長袖と帽子

肌の露出を減らすことで、虫の攻撃から身を守ることができます。

特に顔周りは感受性が高いため、長袖や帽子の着用がおすすめです。

 

色や素材の選択も重要で、黒い色や厚い素材は虫に引き寄せられる可能性が高いです。

したがって、明るい色や薄い素材を選んで顔を保護するのが良いでしょう。

 

また、顔を覆うことが出来るネットを併用することでより効果的な虫対策が可能です。

 

扇風機とネット

扇風機を利用することで、蚊の飛行を妨げることができます。

また、扇風機は人間が排出した二酸化炭素を分散させ、

蚊の感知能力を低下させる効果もあります。

 

物理的なバリアとしてモスキートネットを使用することも効果的で、

特に就寝時にはモスキートネットを活用することで安心して眠ることができます。

 

食事と生活習慣

食事や生活習慣も虫に引き寄せられるかどうかに影響します。

 

肉や甘いものの摂り過ぎは乳酸の生成を促し、

蚊に好まれる体質になります。

 

アルコール摂取により、二酸化炭素の排出量が増加し、

虫に引き寄せられる可能性が高まります。

 

バランスの取れた食事や適度な運動で体調を整えることが重要です。

複数の要因が絡み合って虫が集まりやすい状況になることも考慮しましょう。

 

謎の虫「メマトイ」対策

多くの人が経験する、目の前で小さな虫が舞い踊り、

不快な状況に陥ることがあります。

 

これが「メマトイ」と呼ばれるハエ目の昆虫によるものです。

 

日本にはさまざまなメマトイの種類が存在し、

マダラメマトイやクロメマトイが存在します。

その特異な習性が研究者によって鋭意調査されています。

 

メマトイは約2mmほどの小さな体を持ち、吸血行動はないものの、

その存在感は目につき、時折不快感をもたらします。

 

では、なぜメマトイは特に顔の周りに飛び回るのでしょうか?

 

その一因は人の涙にあります。

涙にはメマトイにとって魅力的な栄養価の高い成分が含まれ、

虫たちは涙を舐めようとして近づき、我々の目にまとわりつくのです。

 

目の周りを舞い続ける様子は不快であり、

涙を舐めようとする行為は嫌悪感を引き起こします。

 

更に、涙に含まれる成分が、

メマトイのオスにとってメスを引き寄せるフェロモンに似ているという説も存在します。

 

ただし、メマトイの生態に関してはまだ詳しく解明されていないため、

謎が多く残っています。

 

彼らがなぜ黒い色や光沢のある物体に寄ってくるのかはっきりしていません。

 

また、メマトイは時折、寄生虫の東洋眼虫の媒介役を果たすとされていますが、

感染率は極めて低いため、目に入ってしまっても水で洗い流せば問題ありません。

 

 

快適なアウトドアライフをサポート!メマトイに対抗する虫よけ「サラテクト」

メマトイに立ち向かうためには、

虫よけアイテム「サラテクト」が最適です。

メマトイに悩まされる方にとって、サラテクトは頼もしい味方です。

服や帽子にサラテクトをスプレーすると、メマトイが姿を見せなくなります。

 

特に、「サラテクト リッチリッチ30」は虫除け成分が高濃度で、

非常に効果的なアイテムです。

この製品は、虫よけ成分を最大30%も含んでおり、

蚊やブユ、マダニなどの害虫から確実に身を守ることができます。

アウトドア活動や釣りが好きな方は、サラテクトを携帯すると便利ですね。

 

ただし、サラテクトは第2類医薬品に指定されているため、

使用時には使用上の注意を守ることが必要です。

 

ただし、サラテクトは第2類医薬品に指定されているため、

使用時には使用上の注意を守ることが必要です。

 

特に留意すべきは、衣服、繊維、およびプラスチック製品への影響です。

サラテクトの使用により、これらの材料に変色や変質が生じるおそれがあるります。

使用時には細心の注意が必要です。

衣服、繊維、およびプラスチック製品にサラテクトを適用する際には、

慎重かつ注意深くお取り扱いください。

サラテクト ふわタッチミスト」もありますよ。

優しいミスとでお肌を守ります。

高密着ミストでむらになりにくいスプレーだから、蚊に刺すスキマを与えなません。
4種のうるおい成分配合:ヒアルロン酸Na、コラーゲン、セラミド、ビタミンC

 

オニヤンマの虫よけアイテム「オニヤンマくん」

最新の虫よけ対策には、スプレーだけでなく、

オニヤンマの形をした虫よけグッズも登場しています。

 

オニヤンマくん

これに気づいたことがある人もいるでしょう。

オニヤンマの虫よけは、蜂、アブ、ハエ、蛾、蚊に対して有効とされ、

使い方は頭の上に乗せることだそうです。

 

帽子に取り付けたり目立つ位置に配置すれば、

オニヤンマを天敵とする虫たちが寄りつきにくくなります。

 

オニヤンマはスズメバチも捕食する強者なので、

このオニヤンマ虫よけを使いながら、同時にメマトイリーダーを使うと…?

無敵の状態になれるかどうかは未知の領域です。

 

まとめ

虫が人に寄ってくる理由や要因はさまざまですが、

最も手軽な対策は虫よけスプレーを使用することですね。

 

温暖な季節や夏の前後には、必ず手元に置いておき、

軽い散歩やアウトドア活動に役立てましょう。

 

二酸化炭素や体温、汗や涙に引き寄せられることは防ぎようがありません。

身体全体にファンを取り付けて歩くわけにもいきませんので、

虫よけアイテムを有効活用しましょう。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました