【アフィリエイト広告を利用しています。】

「欠る(けつる)」とは?読みや意味、例文を分かりやすく紹介!方言ではありません

スポンサーリンク

「欠る」の読み方がわからない

「欠る」とは、どんな意味なの?

「欠る」ってどうやって使うの?

 

時折見かける「欠る」という言葉。

通常は目にしないし、耳にもしない言葉なので、「どんな意味なの?」と興味津々ですね。

 

今回は「欠るの意味」に焦点を当ててご紹介します。

 

起源や語源、読み、使用方法など、さまざまな要素をまとめていますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

「欠る」の読み方は? 

最初に、「欠る」の発音についてですが、「けつる」と読みます。

 

通常、あまり耳にしない単語なので、読み方が理解しにくいこともありますね。

 

「欠ける(かける)」と読んでしまいたくなるかもしれませんが、

「欠る」は辞書には記載されていない若者言葉で、「けつる」と呼ぶのが適切です。

 

まあ、もともと正式な言葉ではないので、正解を求めるのは微妙ですがね。

 

「欠る」の意味は?

では、「欠る(けつる)」の意味について見てみましょう。

以下がその意味です。

 

・欠点をとった

・欠点になった

 

中高生の生徒たちがテストなどで悪い点数を取った場合、

「欠った(欠点になった・欠点をとった)」という表現で用いられます。

 

「欠る」の起源や語源は?

「欠る」の起源は、その意味と同様に、

「欠点になった」という言葉に由来しています。

 

この「欠点になった」が若者たちによって「欠った(つけった)」と短縮され、

それが「欠る(つける)」という表現に変化しました。

 

例えば、子供が「国語欠ったわ」と言った場合、

「国語で赤点を取った(悪い点数を取った)」という意味になります。

 

「赤点」の具体的な基準は学校により異なりますが、

以下のような範囲が一般的です。

 

・0~29点(30点未満)

・0~39点(40点未満)

・平均点以下

 

進学校などであれば「60点以下で赤点!」という場合もあります。

 

通常の小学校、中学校、高校では、1教科で赤点を取ったからといって

すぐに留年になることはめったにありません。

 

通常は、何教科かで赤点を取った場合、追試が課せられ、それに合格すれば大丈夫です。

 

欠点があっても、宿題の提出状況なども考慮され、

補習授業を受けることで、ほとんどの場合、留年は避けられます。

 

ですので、欠点があっても焦らず、真剣に勉強に取り組みましょう。

 

「欠る」の使用法と例文をご紹介

期末の範囲広すぎるじゃない?欠る自信があるわ!
今度の実力テスト、欠る予定だから、補習で部活に出れません。
うわー、今回の科学、マジ欠ったわ!
数学、次、欠るとヤバい。今回は本気出して勉強する!
今回の期末テスト、理科欠る可能性大!
中間で欠ると、ママからお小遣い減らされるんだけど…。泣きそう。

 

「欠る」の同義語は?

「欠る(けつる)」と同じく、

テストで悪い点数を取ることを指す言葉として以下があります。

 

・落第する

・落ちる

・不合格になる

・赤点をとる

 

これらの表現はなるべく避けたいことですね!!

そのためにも日頃からの勉強が重要です。

 

「欠る」の反義語は? 

「欠る」の反対は以下の言葉となります。

・及第点をとる

・受かる

・合格になる

 

これらの言葉を常に使えるようになるのが理想ですね!!

 

「欠る」は方言ではありません! 

愛媛の方言には「蹴る(けつる)」という言葉がありますが、

これは「欠る」とは無関係です。

 

「欠る」の起源は「欠点をとる」という言葉が若者の中で広まったものであり、

方言ではないんですよ。

 

これは若者たちが使う言葉なのです。

要するに若者言葉ですね!!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「欠る」は「欠点をとる」という若者の言葉です。

 

例えば、「数学で欠った!」と言うと「数学で赤点をとった」という意味になりますね。

 

こういった表現を使わないためにも、日頃から勉強を頑張りましょう。

 

学生さんがんばれ!!

タイトルとURLをコピーしました