【アフィリエイト広告を利用しています。】

都庁があるのはどこ?東京都の県庁所在地は東京と新宿区のどちらが正解?

スポンサーリンク

みなさん、これまでに疑問に思ったことはありませんか?

都庁(東京都庁)は一体どこにあるのでしょうか?

 

多くの方が東京だと考えるかもしれませんが、

新宿区と思っている方もいることでしょう。

 

果たして正確な答えはどちらなのでしょうか?

この疑問に答えるべく、今回は詳細に調査してみました。

 

結論は

東京都の県庁所在地を聞かれた場合は、

新宿区と東京のどちらを答えても正解ということになります。

 

 

スポンサーリンク

東京都の県庁所在地はどこ?

東京都の県庁所在地はいったいどこなのでしょう?

 

県庁所在地の意味は?

県庁所在地とは、各都道府県の行政機関が本庁舎を置く都市を指し、

また都道府県庁所在地とも呼ばれます。

 

各都道府県では、行政機関の主要拠点である本庁舎が次のように設けられています。

東京都は「都庁」

北海道は「道庁」

大阪府・京都府は「府庁」

その他の県は「県庁」

これらの本庁舎が設置される場所は、各都道府県の条例によって定められています。

 

東京都の県庁所在地は?

東京都では「東京都新宿区西新宿二丁目」を都庁所在地と定めています。

 

これにより、「東京の県庁所在地は新宿区」という結論に至ります。

 

しかし、一般的には「東京都の県庁所在地は東京」と認知されています。

 

それでは、一般的に県庁所在地が『東京』とされる認識は何から生じているのでしょうか?

 

その理由は、学校などで使用される地図において

「東京」という表記が行われていることが挙げられます。

 

国土地理院が提供する50万分の1の地図には、

図式適用規程と呼ばれる規定が存在しており、

 

「市町村の名称は全て表示する」「都道府県庁の位置は◎で表示する」

という規定があります。

 

ところが、東京においては◎の表示の隣に「東京」との記載があります。

 

国土地理院によれば、

「東京の23区は市町村ではないので名称を表示していないが、

便宜上東京23区を総称して『東京』と表示している可能性がある」

との説明があります。

 

また、23区の範囲がかつて「東京市」と呼ばれていた時期があることも考慮されます。

 

総じて言えることは、実際には都庁が存在するのは新宿区であるにもかかわらず、

新宿区は通常の市町村とは異なり特別区であるため、

「新宿区を含む東京23区(旧 東京市)」が他の市町村と同等の区分と捉えられていることが、

東京の庁舎所在地が新宿区とも東京とも言われる理由です。

 

従って、「東京」か「新宿区」のどちらかが間違っていると言うわけではありません。

 

東京都の県庁所在地にまつわる誤解の真相を明らかに

東京都において「県庁所在地が存在しない」との噂が広まっていますが、

これは大きな誤解です。

 

実際には、東京都庁は新宿区西新宿二丁目に位置しており、

都の行政の中心地として機能しています。

 

この建物は1991年に完成し、

高さ243mの双子の塔が特徴的なユニークなデザインを有しています。

では、なぜこうした誤解が生まれたのでしょうか。

 

その背景には、東京都の特別な地位や都市構造に関する知識不足が考えられます。

 

東京都は日本の47都道府県の中で唯一「都」に位置づけられており、

これは国の首都であることや多くの行政機関や経済活動が集まる

大都市であることを反映しています。

 

また、東京都は23の特別区を有しており、

これが「県庁所在地がない」との誤解を招いている可能性があります。

 

しかし、これらの特別区も都庁の下で行政が行われ、

新宿区にある都庁がその中心となっています。

 

このように、東京都の特別な地位や都市構造を理解することで、

「県庁所在地なし」という誤解を解消できます。

 

東京都の23区とその特徴

東京都は、23の特別区から構成され、

これらの区は都心部を中心に多様な特性を有しています。

 

それぞれの特別区は、都市機能を備えながらも異なる歴史や文化を抱えています。

 

たとえば、渋谷区や港区は若者文化やファッションの拠点であり、

一方で台東区や墨田区は下町の雰囲気が漂うエリアとして知られています。

区の特徴 説明
独自の行政機能 各区は、教育や福祉、環境などの分野で独自の行政サービスを提供しています。
独立した自治体 23区は、それぞれの区が独立した自治体として、区民の生活を支えるための施策やサービスを展開しています。
歴史と文化 各区には、古くからの寺院や神社、伝統的な商店街など、その地域ならではの歴史や文化が息づいています。

 

新宿が東京都庁所在地に選ばれた経緯は?

東京都は、日本の47都道府県の一つで、都庁の所在地として新宿区が指定されています。

 

これは1991年の都庁移転に端を発しています。

1991年の都庁移転は、それ以前の場所からの引越しを指します。

 

当時、東京都庁は東京都千代田区にありましたが、

都市の急速な拡大と人口の増加に対応するため、新しい施設が必要でした。

 

同時に、都庁の業務拡大に伴い、より広いスペースと最新の設備が求められました。

 

新宿区が選ばれた理由には、以下のポイントが挙げられます。

交通の便 新宿駅はJRや私鉄、地下鉄など多くの路線が交わる交通の要所で、都内外からのアクセスが優れています。
経済的な発展 新宿区は、多くのビジネスビルや商業施設が立ち並ぶエリアであり、経済的な成長が期待されました。
土地の利用可能性 新宿区は、都庁の新しい建物を建設するために十分な土地が確保できるエリアでした。

 

これらの背景から、新宿区は都庁の所在地として適しており、1991年の移転以来、

その重要性を一層高めています。

新宿区の特色として注目すべきポイント

新宿区には以下のような特色があります。

行政の拠点 新宿区には東京都庁が位置しており、都の行政の中心的な役割を果たしています。都庁は都政の方針を策定し、多くの都民やビジネス関係者が訪れる場所です。
ビジネスエリア 宿駅周辺には多くのオフィスビルや商業施設があり、国内外のビジネスマンが集まる重要なエリアとなっています。
交通の拠点 新宿駅は日本で最も利用者数が多い駅の一つで、多くの交通路線が交わる要所です。これにより、都内はもちろん、関東地方や全国各地へのアクセスが便利です。
文化と歴史 新宿区には歴史的な建物や文化的な施設が点在し、都民や観光客にとって魅力的な場所となっています。

 

これらの特徴により、新宿区は東京都の行政の中心としてだけでなく、

ビジネスや文化の中心としても極めて重要な役割を果たしています。

 

昔の新宿、その様子とは?

新宿区の歴史は江戸時代にまでさかのぼります。

 

当時、新宿は「西の関所」として知られ、多くの旅人や商人が通り抜ける要所でした。

このため、宿場町として栄え、多くの宿や飲食店が軒を連ねていました。

 

明治時代に入ると、新宿は急速に都市へと変貌しました。

明治政府が進めた近代化政策により、1885年には日本初の鉄道路線、新橋から横浜へ至る途中に新宿駅が開業しました。

 

これにより、新宿はますます交通の要所としての役割を強化し、

多くの人が集まる拠点となりました。

 

大正時代には文化と芸術の中心地として注目され、

多くの文化人や芸術家が新宿を訪れました。

 

昭和時代には戦後の復興期を迎え、新宿は商業地域として発展しました。

 

特に1960年代には新宿三丁目周辺に大型デパートや専門店が相次いでオープンし、

ショッピングエリアとしての地位を確立しました。

 

1971年には東京都庁が新宿に移転し、

新宿西口エリアには高層ビルが建ち並び、現在のビジネスエリアが形成されました。

 

このように、新宿区は時代とともに変遷し、

今日の多彩な魅力を形成しています。

 

歴史を知ることで、新宿の魅力をより深く感じることができます。

 

日本の都道府県別の県庁所在地一覧

※県庁所在地が県名と異なる県は赤字で表示しています。

北海道・・・札幌市

青森県・・・青森市

岩手県・・・盛岡市

宮城県・・・仙台市

秋田県・・・秋田市

山形県・・・山形市

福島県・・・福島市

茨城県・・・水戸市

栃木県・・・宇都宮市

群馬県・・・前橋市

埼玉県・・・さいたま市

千葉県・・・千葉市

東京都・・・東京(新宿区)

神奈川県・・・横浜市

新潟県・・・新潟市

富山県・・・富山市

石川県・・・金沢市

福井県・・・福井市

山梨県・・・甲府市

長野県・・・長野市

岐阜県・・・岐阜市

静岡県・・・静岡市

愛知県・・・名古屋市

三重県・・・津市

滋賀県・・・大津市

京都府・・・京都市

大阪府・・・大阪市

兵庫県・・・神戸市

奈良県・・・奈良市

和歌山県・・・和歌山市

鳥取県・・・鳥取市

島根県・・・松江市

岡山県・・・岡山市

広島県・・・広島市

山口県・・・山口市

徳島県・・・徳島市

香川県・・・高松市

愛媛県・・・松山市

高知県・・・高知市

福岡県・・・福岡市

佐賀県・・・佐賀市

長崎県・・・長崎市

熊本県・・・熊本市

大分県・・・大分市

宮崎県・・・宮崎市

鹿児島県・・・鹿児島市

沖縄県・・・那覇市

 

47都道府県の中で、県庁所在地が県名と異なる県は18あります。

 

47都道府県の県庁所在地を楽に覚えるテクニック

それでは、都道府県庁所在地をスムーズに覚えるための方法をご紹介します!

 

県名と異なる県庁所在地をメモしよう

47都道府県の中で、県庁所在地が県名と異なるものは18箇所あります。

これを把握すれば、全都道府県を簡単に覚えられます。

 

※例えば「さいたま市」は埼玉県のひらがな表記ですが、同様に理解します。

 

歌で楽しく覚える

歌を使って覚えるのも有効です。

森高千里さんの「ロックンロール県庁所在地」はその一例です。

 

歌詞には「埼玉浦和」とありますが、この歌が1992年に発表された当時、埼玉県の県庁所在地は浦和市でした。

 

平成13年(2001年)に浦和市がさいたま市として再編され、

ミニモニが2003年にこの曲をカバーする際に「さいたま」に変更されました。

 

地域別に覚える方法

47都道府県を一気に覚えるのは大変ですが、

「九州だけ」「四国だけ」「東北地方だけ」といった

具体的な地域ごとに覚えると効果的です。

 

ちなみに、九州はすべての県庁所在地が県名と同じです。

 

地域ごとにグルーピングすることで、覚える項目が少なくなり、

記憶の整理がしやすくなります。

 

アルファベット順で覚える方法

アルファベット順に県名をリストアップし、

それに対応する県庁所在地を横に書き込みます。

 

例えば、Aから始まる青森県は青森市、

Hから始まる広島県は広島市など、具体的な対応を考えます。

 

 

ストーリー法を利用する方法

例えば、「北海道の札幌でラーメンを食べ、青森ではりんごを味わう」

といったストーリーを作り上げます。

 

関連する情報を一つのストーリーに結びつけることで、記憶の定着を助けます。

 

テーブルを活用する方法

都道府県 県庁所在地
北海道 札幌市
青森県 青森市

都道府県と県庁所在地をテーブルにまとめ、視覚的に情報を整理します。

この方法で関連性を明確にし、覚えやすさを向上させます。

 

47都道府県の全てを覚えるのは大変ですが、

18が県名と異なり、29は県名と同じなのですね。

 

47全てを覚えるよりも、18だけなら覚えられそうではありませんか?

 

やみくもに覚えるよりも、お友達の住んでいる地域や観光で訪れた地域など、

自分に関連付けながら覚えると、記憶に残りやすいですよ!

 

県庁所在地の決め方

都道府県の首府(県庁所在地)の選定には厳格な規定が存在しません。

 

江戸時代(1603年〜1868年)以前、都道府県はなく、

261の「藩」と呼ばれる地域があり、これらを大名が治めていました。

 

明治4年(1871年)には、明治政府によって「廃藩置県」が行われ、

「藩」の地方統治が廃止され、

府県が設置され中央集権体制が確立されました。

 

通例では、かつての藩の城下町が首府となり、同時に県名となることがよくありました。

首府は都道府県の行政の中心としての役割を担います。

 

以下は、首府に求められる特徴や機能の一部です。

首府の選定には、地理的条件や交通の利便性だけでなく、

多岐にわたる要素が考慮されています。

地理的中心地 都道府県全体の地理的な中心を考慮し、アクセスしやすい場所が選ばれることが一般的です。
交通の要所 主要な交通路が交差する地点は、首府としての重要性が高まります。
経済活動の拠点 商業や産業の中心地としての機能は、県全体の経済に対するけん引力とされます。
住民の意向 公聴会や住民投票を通じて、県民の希望が考慮されることがあります。
歴史的背景 歴史的な中心地や出来事が首府選定に影響を与えることがあります。

 

これらの複雑な要因をバランスよく勘案し、最も妥当な場所が首府として選定されます。

首府は行政のみならず、都市として多岐にわたる役割を担っています。

 

 

県名と異なる県庁所在地の謎に迫る

なぜ一部の都道府県で、県名と県庁所在地が同じ場所と異なる場所が存在するのでしょうか?

諸説はあるものの、具体的な理由ははっきりしていません。

 

明治政府の影響説

廃藩置県により都道府県が設けられた際、一部例外を除き、

戊辰戦争で政府側についた藩は県名と県庁所在地を一致させ、

反対した藩は一致させなかったとする説があります。

 

県庁舎の有無に関する説

江戸時代から明治時代にかけて、明治政府は財政難に悩まされていました。

このため、新たに県庁として使用できる建物を建設する財政的余裕がなかったとされます。

 

その結果、既存の県庁舎が存在し、人口が多い地域や交通の要所、

商業が盛んな地域が選ばれたという説もあります。

県庁所在地と政令指定都市の違い

県庁所在地と政令指定都市は、行政上の地位や役割において大きな違いがあります。

 

これらの用語に初めて触れる人も多いかもしれません。

以下では、その違いを詳しく説明します。

 

県庁所在地とは?

県庁所在地は、文字通り各都道府県の行政の中心地を指します。

ここには、県庁や他の主要な行政機関が配置され、多くの行政業務が行われています。

 

この場所は、その都道府県の代表的な都市としても知られ、

経済や文化の中心地としても機能します。

 

政令指定都市とは?

政令指定都市は、人口が多く、都市機能が発展している都市に対して、

国の政令で指定される都市を指します。

 

政令指定都市になると、都道府県の一部の権限が移譲され、

より迅速で効率的な行政サービスが提供されることが可能です。

具体的な特徴は以下の通りです。

項目 県庁所在地 政令指定都市
定義 各都道府県の行政の中心地 人口が多く、都市機能が高度に発展している都市
権限の範囲 通常の都市権限 一部の都道府県の権限を持つ
行政業務の範囲 通常の行政業務 都道府県から移譲された一部の行政業務も担当
独自の政策・計画 限定的 幅広く策定可能

これにより、県庁所在地と政令指定都市は異なる特徴を持つことが分かります。

 

※政令指定都市は以下の通りです。県庁所在地になっているところは赤文字で表示しています。

北海道札幌市

宮城県仙台市

埼玉県さいたま市

千葉県千葉市

神奈川県横浜市

神奈川県川崎市

神奈川県相模原市

新潟県新潟市

静岡県静岡市

静岡県浜松市

愛知県名古屋市

京都府京都市

大阪府大阪市

大阪府堺市

兵庫県神戸市

岡山県岡山市

広島県広島市

福岡県北九州市

福岡県福岡市

熊本県熊本市

まとめ

県庁所在地は各都道府県の行政の中心地であり、

例えば東京都の県庁所在地は新宿区となっています。

 

この地域は経済活動や文化活動の中心地として知られています。

県庁所在地の正確な把握は、地理や歴史の理解において重要です。

 

以下に記事の要点をまとめます。

・東京都は日本の首都である。

・東京都の県庁所在地は新宿区であり、多くの人々が集まるエリアとして知られている。

・東京都庁は新宿区に位置しており、周辺には多くの商業施設が集まっている。

・東京都の行政サービスを提供する中心地である。

 

東京都の県庁所在地を聞かれた場合は、新宿区と東京のどちらを答えても正解である。

タイトルとURLをコピーしました