【アフィリエイト広告を利用しています。】

顔の大きさ測るアプリ5選!身の回りの物で手軽にサイズを測る方法も

スポンサーリンク

「顔の寸法を測るアプリ、知ってる?」

「顔の長さを計測できるおすすめのメジャーアプリは?」

「アプリ以外で顔の寸法を測る方法ってある?」

 

 

鏡で毎日見る自分の顔。

 

「私の顔ってどのくらいなんだろう?」

「私の顔って平均より大きいの?小さいの?」

と気になることがありますよね。

 

でも、自分の顔の大きさを測る方法がわからないし…。

 

そんな方に朗報です。

専用のメジャーアプリを使えば、自分の顔の寸法を簡単に計測できるんです。

 

というわけで、今回は「顔の寸法を計測するアプリ」について紹介します。

 

また、「日本人の平均的な顔の寸法」、「何cmから顔が大きくなるのか」

なども紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

顔の大きさ測るおすすめアプリ5選!

それでは、早速顔の大きさを計測できるアプリを紹介します。

 

距離測定 定規(iPhone・Android)

iPhone

Android

AR計測キットを使用した無料アプリです。

スマホをタップして動かすだけで、顔の長さを手軽に計測できます。

メジャーが手元になくても、広告を見ることで無料で利用できます。

 

FaceScore(iPhone・Android)

iPhone

Android

「FaceScore」は、顔のバランスを点数で評価するアプリです。

黄金比と言われる「バランスの良い顔」と比較た結果を知ることができます。

 

パーソナルカラーや似ている芸能人も結果に表示され、

ファッションやメイク、髪型の参考になります。

 

自分の写真をアプリが簡単に判定してくれるので操作も簡単ですよ。

 

  • 小見出し

フェイスタグ(iPhone)

iPhone

「フェイスタグ」は、

5つのアプリの中で最も簡単な操作で顔の長さを計測できます。

 

スマホから写真を選んで、アプリが顔のタイプやバランス、スコア、

似ている芸能人を教えてくれます。

 

顔のタイプは4種類。

「エレガント」

「クール」

「キュート」

「フレッシュ」

どのタイプか教えてくれますよ。

 

30秒の広告動画を視聴すると、無料で診断結果が見られます。

 

Measure(メジャー)(iPhone)

iPhone

カメラを使用して様々な物の長さを簡単に測れる便利なアプリです。

 

AR(拡張現実)を活用しているため、どこでも手軽に物を測定できます。

写真保存時には長さが表示され、メモの必要がありません。

 

 

美容スキャナー-顔分析器(Android)

Android

「美容スキャナー-顔分析器」は、

顔の対称性や構造、黄金比を使用して点数を出してくれるアプリです。

 

成人だけでなく、子供の黄金比率も測定可能で、「見た目年齢」の基準にもなります。

また、年齢や人種も当ててくれる機能があります。

 

アプリを使わずに顔の大きさを計測する方法

アプリを使って顔の大きさを測ることは手軽で便利ですが、

写真の撮り方や角度によっては正確な結果が得られないことがあります。

 

また、アプリを使用する場合、数値の正確性に疑問が残ることもあります。

 

そこで、家にある簡単な道具を使って顔の長さを測る方法をご紹介します。

 

ティッシュ箱を使った方法

 

<準備する物>

・ティッシュ箱…2つ

・ボールペン、シャープペンなど

・定規やメジャーなど、長さを測るもの

・鏡

​​

顔の縦幅を計測する方法

  • 机の上に顎を乗せます。
  • 顔の横にティッシュ箱を縦長にして置きます。
  • 鏡を見ながら、ティッシュ箱に「頭のてっぺんの位置」の線をつけます。
  • ティッシュ箱の線をつけた所までの長さを測ります。

 

なお、顔の縦の大きさ(長さ)は「頭のてっぺんから顎先まで」になりますので、

この方法を使えば簡単に正確な数値を得ることができます。

 

より正確な数値を知りたい場合は、

ティッシュ箱に印をつける際に「頭の先に下敷きやノートなどの平らな物を当てる」

という方法もおすすめです。

 

顔の横幅を計測する方法

  • 机の上に顎を乗せます。
  • 顔の両側(大体こめかみ辺り)にティッシュ箱を配置し、ティッシュで顔を挟みます。
  • ティッシュ箱を動かさず、優しく顔を間から抜きます。
  • ティッシュ箱とティッシュ箱の間の長さを測定します。

 

顔の横幅の大きさ(長さ)は「左右のこめかみの間の距離」に対応しますので、

この手法で容易に計測できます。

 

ティッシュ箱をしっかりと上から押さえた状態で顔を抜くことがポイントです。

ティッシュ箱が動いてしまうと正確な値にならないので注意してくだいね!

 

メジャーを用いて計測する方法

ティッシュを使った計測も効果的ですが、少し手間がかかりますよね。

 

もし柔らかいメジャーが手元にあれば、

そのメジャーを使って顔を計測する方法もおすすめです。

 

柔らかいメジャーが無かったら、

手軽に100円均一で入手することが出来るのでおすすめですよ。

 

顔の縦幅の計測方法

顔の縦の長さを計測するには、

鏡の前で「頭のてっぺんから顎先」までをメジャーで測定します。

 

この際、鼻や唇などの突出した部分にはメジャーを軽く当て、

できるだけメジャーが真っ直ぐで直線状になるように計測するのが重要です。

 

顔にメジャーを押し付けると、

曲がって正確な数値が得られない可能性があるので、注意が必要です。

 

顔の横幅の計測方法

顔の横幅を計測する場合、縦幅を計測するよりも簡単です。

 

片側のこめかみからもう片側のこめかみまでの長さを計測します。

 

顔の縦の長さを計測する際と同じく、

メジャーをできるだけ真っ直ぐに伸ばして計測してください。

 

メジャーを鼻などの凸部に押し付けずに、直線的に計測するように心掛けましょう。

 

顔の大きさの平均について

自分の顔の大きさを測定出来たら、気になるのは

「自分の顔って平均よりも大きいの?小さいの?」ですよね。

 

日本人の平均的な顔のサイズについて以下に示します。

 

男性の平均的な顔の大きさ

・縦幅…23.19cm

・横幅…16.08cm

 

女性の平均的な顔の大きさ

・縦幅…21.8cm

・横幅…15.33cm

 

平均的な顔の大きさ「縦幅21.8cm、横幅15.3cm」よりも小さい顔であれば、

「小顔」に該当するといってよですね!

 

顔が大きいのは何cmから?

「何cmから顔がデカいになるのか?」

 

男性の顔の平均的な大きさが「縦幅23.19cm、横幅16.08cm」であることを考えると、

この値を超えてしまうと顔が大きいに入るかもしれませんね。

 

ただし、これはあくまで平均的な人の場合の話です。

 

例えば身長が高い人であれば、顔が平均よりも大きくても

「顔がデカいな」とは感じられないかもしれません。

 

あくまでも身体とのバランスが大切ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

顔のサイズをアプリで気軽に測定したいなら、「距離測定 定規」「Measure(メジャー)」「Face Score(フェイススコア)」「フェイスタグ」Measure(メジャー)」「黄金比の顔」などがおすすめです。

 

これらのアプリは手軽に使用でき、

自分の顔のスコアや似ている芸能人が分かるので楽しいですよ!!

 

また、より正確な測定を望むなら、

ティッシュ箱やメジャーを活用してみると良いですよ。

 

平均との比較から自分の顔のサイズを理解することで、

メイクやファッションの参考になります。

 

様々な方法を試して、自分の顔の特徴を探ってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました