YouTubeで買いたい車をみつけました。車購入体験談 その② 購入後の手続き

ステップワゴンスパーダ 趣味

購入が決まったら今度は手続きでしすよね。

なんといっても800kmも離れた所からの購入です。

 

どのように手続きをするのでしょうか?

 

手続きの手順をご紹介します。

車庫証明

車庫証明の取得

購入者である家の父が準備するものです。

まずは販売店より車庫証明取得に必要な情報をメールにて送っていただきました。

そのメールをもとに車庫証明を取得いたします。

 

車庫証明の申請場所

自動車の保管場所を管轄する警察署

必要書類

  • 自動車保管場所証明申請書 1通
  • 保管場所標章交付申請書 1通(警察署で交付しているものは2枚1組になっています。)
  • 所在図及び配置図 1通
  • 権原書面(いずれか1通)

  車庫が自己所有の場合:保管場所使用権原疎明書面(自認書)

  車庫が他人所有の場合:保管場所使用承諾証明書(記載事項が充足されていれば契約書の写しでも可)

車庫証明の申請に必要な手数料

  • 自動車保管場所証明書交付手数料(申請時) 2,100円
  • 保管場所標章交付手数料 500円

窓口受付の時間 

平日の午前8時30分から午後5時15分まで

車庫証明について

警視庁 駐車対策課 駐車対策第三係 https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/faq/tetuduki/syako.html

 

申請は警察署に準備してあります。

住所地の地図が必要です。近くの国道など分かりやすい所から自宅までの地図を記入します。警察署によって異なるようですがグーグルの地図でも良いところもあるようです。念のために準備していくと良いでしょう。

印鑑(朱肉を使用するものであれば何でも可)

 

申請書類は警察署に準備してありますので車庫証明書を取得したい旨を伝えると貰えます。その場で記入して提出する事が可能です。 

記入する項目が結構あるので用紙を持ち帰り後日提出でも可能です。

新しく購入する車の情報が必要となります。

また、車の買替えの場合は現在登録しいる車のナンバー情報が必要ですので分かるようにして行きましょう。

車を駐車するスペースの情報も必要となります。

駐車するスペースの縦横の長さ、そこまで行く道の幅の値が必要です。

要は新しい車をそのスペースに入るかの確認です。

車より小さなスペースや車より狭い道幅では車庫証明は取得出来ません。

 

車庫証明取得に必要な情報

新しい車

  • 車名
  • 型式
  • 車体番号
  • 長さ
  • 高さ

現在の車

  • ナンバー

駐車スペース

  • 縦長さ
  • 横長さ
  • 隣接する道の幅

 

申請を行うと車庫証明が出来る日時を教えて下さいます。

その日以降に警察署へ車庫証明を取りに行きます。

父の場合は申請日を含め5日掛かかりました。

 

印鑑証明

印鑑証明の取得

登録していない場合は登録する印鑑を準備し登録の手続きを行ってから取得することとなります。

 

登録していない場合は登録する印鑑を準備し登録の手続きを行ってから取得することとなります。

手数料・・・300円

印鑑証明の申請先

  • 住所地の市区町村で取得します。

 

手続き流れ

書類を準備している間に販売店より書類が届きました。

契約から登録必要書類

  • 自動車注文書(販売店控え、お客様控え)
  • 委任状
  • ご請求書
  • サポカー補助金申請用紙
  • 返送用レターパック

自動車注文書(販売店控え、お客様控え)

見積もりをもとに注文書を作成して下さいました。

同じ内容のものが2通届きました。

2通で割印を押し販売店控えを再度送り返します。

委任状

実印を捺印します。

ご請求書

注文書をもとに請求書が届きました。

こちらに記載の金額を銀行へ振り込む方法でした。

振込先の銀行も記載されています。

振込手数料は販売店さんの方で負担して下さるとのことです。

 

店頭でのお支払方法としてはクレジット払いやマイカーローンなどもあるようですが今回のような方式では銀行振り込みのみの対応となるそうです。

ポイント取得を狙ってクレジット払いを行いたかったので銀行に一括振り込みのみしかないのはちょっと残念でした。

車の購入代金分のポイントは結構貯まる予定だったので今後は是非ともクレジット払いの検討を期待します。

ここまでが車の登録に必要な書類です。

 

サポカー補助金用の書類

  • サポカー補助金申請用紙
  • 運転免許書のコピー(住所の追記のある場合は裏表)
  • 補助金を受取るための通帳のコピー

 

送付いただいたレターパックでこれらの書類を送付します。

 

車検証

登録手続き

販売店が行政書士さんに依頼し車両を登録します。

今回はサポカー補助金の手続きで車検証が早く欲しかったので書類のみで車両の登録を行いました。

 

書類を販売店さんより父の地元の行政書士さんへ届けます。

そこで車両の登録を行い車検証を取得。

 

それを販売店さんへ届けます。

 

サポカー補助金申請

届いた車検証をもとにサポカー補助金の申請を行なって頂きました。

車両の陸送

その後、販売店さんと陸送の業者さんで打合せを行い納車可能な日時を教えて頂きました。

納車日の決定

納車可能日以降で都合の良い日時を父の方で指定し納車日を決定しました。

車検証等の重要書類が届く

車とは別に車検証等の重要書類がヤマト便で届きました。

車両到着

納車日に無事に車両が届きました。

まとめ

購入を決めてから実際に車両が届くまで1カ月掛かりました。

車庫証明や車検証の発行には結構な時間が必要でした。

 

陸送は最低1週間は必要だそうです。

父の場合は都合のよい日が直ぐにあったので8日掛かりました。

 

また、届くまで一度も実際に車両をみていなかったのでドキドキでした。

届いた車両は映像や画像でみた物よりっもキレイで気に入っています。

小さなキズがあったのですが磨いて下さったようでとてもキレイでした。

 

ちょっと残念だったのはシートの上げ下げが思ったより重かったことです。

映像ではスムーズにシートの上げ下げをしていたのでとても軽々にみえました。

 

しかし、実際にやってみると結構シートが重くて身長が小さい私にはちょっと重労働です・・・。

まあ、そんなに頻繁にシートの上げ下げをするわけではないので大丈夫かな?

やっぱり映像だけでは分からない部分も少しありますが、今回のお買いものは満足です。

こんなに簡単に車を遠方より購入する事が出来るとは思っていませんでした。

 

思い切って購入して良かったです。

 

合わせて読んで貰いたい記事

YouTubeで買いたい車をみつけました。車購入体験談

コメント

タイトルとURLをコピーしました