【アフィリエイト広告を利用しています。】

言偏に京で「諒」という漢字は何?読み方・意味・熟語・言葉について解説

スポンサーリンク

言偏(ごんべん)に京と書かれた「諒」という漢字が存在します。

例えば、「諒解」という言葉に使用され、しばしば「了」と同じ意味を持つ漢字です。

この記事では、漢字「諒」に焦点を当てて解説します。

スポンサーリンク

「諒」の読み方

漢字「諒」の音読みは「リョウ」です。

同時に、「諒」の訓読みは「まこと(に)」「あき(らか)」となります。

 

「諒」の意味

漢字「諒」には、「まこと」という意味が込められています。

「諒(まこと)」とは、「言葉や行動において、真実であること」という意味を持ちます。

これは「誠実」とも類似した意味合いですね。

 

さらに、漢字「諒」には「思いやる」や「明らかにする」といった意味も含まれています。

 

漢字「諒」の成り立ち

「諒」という漢字は、「言葉が明確であり、偽りがない」

という意味を込めています。

 

この意味は、漢字が「言(ことば)」と「京(あきらかな意)」の

2つから成り立っているからです。

「言」は言葉そのものを表す漢字であり、

「京」はまことや明らかにする意味があります。

 

要するに、「京」という字に「言」を組み合わせることで、

真実の言葉や明確な表現を示す漢字として形成されています。

 

従って、「諒」は真実の言葉や明確な表現を象徴する漢字と言えます。

 

「諒」を含む熟語・言葉について

「諒」が使われる熟語や言葉をご紹介します。

 

「諒闇」の解説:読み方と意味

「諒闇」は「りょうあん」または「ろうあん」と読まれます。

 

この言葉は、「天皇・天子が父母の喪に服するときの部屋や、その期間」を指します。

「諒陰」、「亮闇」、「亮陰」、「梁闇」とも表記されます。

 

「諒解」の解説:読み方と意味

「諒解」は「りょうかい」と発音されます。

 

通常、「了解」と同じ意味で用いられ、

「相手の行動や言葉を理解して、承知すること」を指します。

 

「諒察」の解説:読み方と意味

「諒察」は「りょうさつ」と読まれます。

 

この言葉は、「相手の事情や立場などを思いやること」を意味します。

「了察」とも表記されることがあります。

 

「諒恕」の解説:読み方と意味

「諒恕」は「りょうじょ」と読まれます。

 

この言葉は、「相手の事情や立場などを思いやって許すこと」を指します。

文語的な表現であり、「諒恕を願う」といった使い方があります。

 

「諒承」の解説:読み方と意味

「諒承」は「りょうしょう」と発音されます。

 

この言葉は、「事情をくんで納得すること。承知すること」を意味します。

例えば、「その提案を諒承する。」といった文脈で使われます。

 

「諒する」の解説:読み方と意味 

「諒する」は「りょうする」と読まれます。

 

この表現は、「やむを得ないので認める。」という意味を持ちます。

例えば、「その事情を諒する。」といった文脈で用いられます。

 

「諒」を含む言葉は、

・他者への配慮

・状況の理解

という意味合いが多く込められています。

 

全体的に、「諒」という漢字が登場する際には、相手を思いやる態度や

相手の事情を理解する姿勢を表す使い方がされます。

 

 

「諒承」と「了承」の違いについて

「諒承」と「了承」の違いは、

「諒」が当用漢字表に掲載されなかったことに起因しています。

 

かつては「諒承」が一般的でしたが、

「諒」が当用漢字表に含まれなかったため、

「了承」と表記されるようになりました。

 

従って、以前は「諒承」ではなく「了承」、

そして「諒解」ではなく「了解」が一般的であったことがあります。

 

これは案外単純な事実ですね。

 

まとめ

「言偏(ごんべん)」に「京」の漢字「諒」は、

音読みは「リョウ」です。

また、訓読みは「まこと(に)」「あき(らか)」となります。

 

由来は「言葉が明確で偽りがない」という意味を内包しています。

 

日常の表現に登場する「諒」を以下に挙げます。

諒解:状況を理解し納得すること

諒承:相手の申し出や事情を理解し、承知すること

 

「諒」を含む言葉は、「他者への配慮」や「状況の理解」

といった意味が含まれています。

 

「諒承」が「了承」に変わった背景には、

「諒」が当用漢字表に含まれていなかったことが挙げられます。

 

日常での使用や文章作成時において、

「諒」を適切に用いるための知識として、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました